本日、日曜日
心身ともに、休業日
金曜の早朝からずっとおなかの具合が悪く
第九の練習会もパス、
金曜夜からは熱が上がりはじめ
ひさびさの38度超えをしました

やっと体を動かせるようになったけれど
風邪でもないのに、一日中ぐうぐうと寝ていられるとは
(喜んでるのか困っているのか、微妙な…)

11月も終わりになり、今月のテーマは、
旧交を温める」でした

まずは、
昔お世話になった大学教授からのお誘いで、青森に行き
その帰りに仙台で、石巻に住む友人と
15年ぶりぐらいの再会を果たしました!!
もう、感無量なんだけれど
話したことは他愛のないことばっかり、
弟がどうのとか、父がどうのとか、更年期がどうだとか
でも、うれしいんですよね~。
こういう、空白の時間があっという間に埋まっていく感じ。


もちろん、空白の15年のそれぞれの歩みや今の気持ちも、
ちょこっとは、話したけれど。
被災の日以降、無事だとわかったときのこと
ほんの僅かの間だったけど、日用品の仕送りをしたこと
「ウズラの卵の燻製がおいしかった」とことか
「虫コナーズがうけた」こととか
「東京が被災したら、頼むね」なんて言って
時間を割かなくても、お互いわかっている感じ。

DSC_0583パリの朝市大原智子さん極楽を感じる、至福のデザート💛
次の旧交あっため会は、銀座にあるレストラン「パリの朝市」で。
大学時代の友人と、こちらも4年ぶりぐらいでした。
身内を最近なくされたばかりで
ご家族のこととか、お互いの健康のこととか
「検診受けなきゃね~」とか
結局、ふつうの会話ばっかり(あたりまえか)
それでも、とても大切なひと時でした
ソテーDSC_0581パリの朝市うずら
ここ、「パリの朝市」は私が学生時代にアルバイトしていたころ
評判を呼んだ店ですが、
今も家庭的な雰囲気で、最高の料理を出してくれました

友人とおいしいものに囲まれ、極楽、ごくらく
こんな時間は、
あえて自分で作らなきゃできないものなのだと
日頃の出不精を反省したひと時でもありました

P1110499.jpg





2015.11.29 Sun l こんなシクラメンのかおり l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日、持病の腰痛がひどくって歩けない朝を迎えました
本当に久々に、当日連絡で仕事をお休みした日、
IMGP0866.jpg

午後、身体ならしもかねて、鍼灸治療院へ行ってきました
全身ががちがちになっていたのが、徐々にあったまってほぐれていきます

足腰はもちろんのこと、頭のてっぺんから胸、おなかまで、鍼を入れるなんて、
と思いながらも、とっても気持ちよく、眠くなります

「時にはからだの状態に、しっかり向き合って
ストレッチやマッサージをするといいですね
息の抜き方(まさに、吐く息のしかた)がにがてみたいですね~」
IMGP0840.jpg

そう、腰の手術をする前までは、アロマテラピーの資格を取ったり
ヨガに行ったり、食事の調整をしたり、身体に気を向けていたのに、
わさわさした毎日を、送ることだけの日々になっていたかも
IMGP0857.jpg

シルバーウィークの5日間、
久々に会う友人との会食、3回、
94歳になる大叔母に会いに、有料老人ホームに訪問、1回
お彼岸のお墓参り、1回
ガラス磨き(お掃除ロボットを活用)、1回

あっという間の5連休でした
ありふれた一日、
仕事がなければ、こんな日々がふつうになっていくのでしょうか

 
2015.10.03 Sat l こんなシクラメンのかおり l コメント (0) トラックバック (0) l top
「一緒に第九を歌いませんか?」
2~3年前に、墨田区の友人からお誘いがありました
ぜーんぜん、興味なし
そのままにしていたのですが、再度今年も誘われ、行きがかりで乗ってしまった、
「国技館 5000人の第九コンサート」「初心者向け練習会」でした

国技館が、今の墨田区に移転したのが30数年前で、
それを記念して、「国技館でみんなが参加できるイベントを」と考え出されたのだそうです
練習会は100人ぐらいで、各パートに分かれます
私は無理してソプラノ。
友人が「主旋律のソプラノのほうが、歌いやすいよ、
そーね、シクラメンの声なら、ま、だいじょぶでしょ」
はいはい、仰せの通りにいたします
DSC_0476.jpg
練習会場は国技館ではなく、区民センターのようなところ
地下鉄の蔵前から、ゆっくり歩くとこんなふる~い古書店や、
DSC_0478.jpg
この辺りを歩くのは初めて。50年以上東京に住んでいても。

これもまた、下町、満喫コースです
ご当地らしい花火を扱っているおもちゃ屋さん
浅草橋にも近いのでおもちゃメーカーもいっぱいあります

DSC_0484.jpg
厩橋のたもとには、こんな変なモニュメント(?)
交番に隣接している、公衆トイレでした

帰り道には、サバランを食べた本所を通って
浅草方面に出て帰ります。
散歩は、本当にたのしいよ~

って、練習のほうは、歌唱指導はどうなったのか…
とにかく、ドイツ語は分からない、読めても歌えない
高音ができらない、あと一息なんだけど
五線譜が、読めない
中学生ぐらいまでは分かったはずなのに、
いきなり「シ、の音出してください」と言われても、???

久々に劣等生気分をかみしめながらも、
大人になった私は、街歩きでほのぼの、幸せな気分で過ごしております

今日はこれで、おわりです
2015.07.18 Sat l こんなシクラメンのかおり l コメント (2) トラックバック (0) l top
誕生日が6月6日、という記事について、
「うちの娘も6月6日生まれよ~」というリアクションをいただきました
「どんな性格?」とは聞けずにいましたが、
ご苦労お察しいたします

この一週間、ドタバタでした
仕事では急なアクシデントに見舞われ
週なかには78歳になる父と、
久しぶりに「将来のこと」を語りながら食事

そして今日は定期メンテナンスのためCTスキャンを受けた後、
墨田区で***の*******、(次のネタに取っておこう、と思って**です)
帰り道に、コーヒーとサバランで、ほっと一息つきました

本所のコーヒー店
できる限り我慢しているケーキですが、
連ドラ「まれ」の影響か、つい
大好きだったサバランのことを考えてしまい、
ふと見るとショーケースにサバランが
ふらっと入った本所
東駒形のコーヒー店、美味しかったです

父と二人で食事をするのは、祖母がまだ生きていたころ、
やっと見舞いに来た父と、帰りにお寿司を食べて以来、3年ぶりぐらいです

「お父さん、79歳だよね」というと、声を大きくして「いや、まだ78だよ」と否定、
さらに、
 「お父さんはね、あと10年は、トランペット吹いてる気がするんだよ」と、強気の発言!!

「トランペットと言っても、ゆっくりテンポの唱歌でしょ」
背中が曲がってきて、少し歩くのは遅くなったけど
デパートのレストランのステーキセットを残さず食べる父
この天然の元気さを見ると
私のほうが、絶対、父よりも先に召されると確信しました

父娘のほほえましい姿などではなく、
けっこう感情を抑えて「いいところだけで付き合う」努力が必要です
いくつになっても、親子って微妙
元気でよかった、と心からそう思う一方で
漠然とした不安と距離を感じるのでした
アジサイの路地
千住の路地には、あじさいが似合います
この季節は、じめじめと、気分も下がりがち
こんな時こそ、忙しくスケジュールを入れたほうがよいのかもしれません
皆様も、お元気で


2015.06.27 Sat l こんなシクラメンのかおり l コメント (0) トラックバック (0) l top
7月7日、ならば映画にもなるのでしょうが
六月六日は、ふる~い話ですが「オーメンの日」「雨ざあざあふってきて、の日」など
あんまりいい印象はない日ですが
私の誕生日です

何歳になったのかは、よくわかりませんが
毎年メールでお花をいただくぷらっとくん様から、
こんな美しい写真のお花を
堀切菖蒲園 夢の里IMGP3819
いつもありがとうございます

日々、アンチエイジングに悩んでいる自分としては、
おめでたいのか、どうなのか
いっぱい歳とったな、っていう感じです

気が付けば50代半ば
孫がいてもおかしくない歳
40代ぐらいのときは、自分の姿かたちなんて関心がなかった

30代のころも、「若い」なんて気づくこともなく過ごして
もったいないことをした、
もっと若さを利用しておけばよかった

あとの祭り、ってこのことだったんですね~

間違いなく顔も背筋も後ろ姿も、変わってきているんですが
今日は、20年ぶりにデパートの化粧品売り場で
お化粧を教えてもらってきました

アイメイクも、ベージュ、リップもベージュ
顔がベージュなのに、化粧まで同じ色??
それでもすっぴんよりもずっと華やいだ顔になった気がします

しっかりメークに赤い口紅だと、きみまろに言われちゃいます、
「焼きそばの上の紅ショウガ」って

東御苑IMGP3843
皆様も、よいお歳を取って(撮って)てくださいね
2015.06.13 Sat l こんなシクラメンのかおり l コメント (0) トラックバック (0) l top