シクラメンのかおり

シクラメンのかおりのような、ほのかな情報を団塊世代そして同世代にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ありふれた一日

昨日、持病の腰痛がひどくって歩けない朝を迎えました
本当に久々に、当日連絡で仕事をお休みした日、
IMGP0866.jpg

午後、身体ならしもかねて、鍼灸治療院へ行ってきました
全身ががちがちになっていたのが、徐々にあったまってほぐれていきます

足腰はもちろんのこと、頭のてっぺんから胸、おなかまで、鍼を入れるなんて、
と思いながらも、とっても気持ちよく、眠くなります

「時にはからだの状態に、しっかり向き合って
ストレッチやマッサージをするといいですね
息の抜き方(まさに、吐く息のしかた)がにがてみたいですね~」
IMGP0840.jpg

そう、腰の手術をする前までは、アロマテラピーの資格を取ったり
ヨガに行ったり、食事の調整をしたり、身体に気を向けていたのに、
わさわさした毎日を、送ることだけの日々になっていたかも
IMGP0857.jpg

シルバーウィークの5日間、
久々に会う友人との会食、3回、
94歳になる大叔母に会いに、有料老人ホームに訪問、1回
お彼岸のお墓参り、1回
ガラス磨き(お掃除ロボットを活用)、1回

あっという間の5連休でした
ありふれた一日、
仕事がなければ、こんな日々がふつうになっていくのでしょうか

 

蔵前で、第九を練習する

「一緒に第九を歌いませんか?」
2~3年前に、墨田区の友人からお誘いがありました
ぜーんぜん、興味なし
そのままにしていたのですが、再度今年も誘われ、行きがかりで乗ってしまった、
「国技館 5000人の第九コンサート」「初心者向け練習会」でした

国技館が、今の墨田区に移転したのが30数年前で、
それを記念して、「国技館でみんなが参加できるイベントを」と考え出されたのだそうです
練習会は100人ぐらいで、各パートに分かれます
私は無理してソプラノ。
友人が「主旋律のソプラノのほうが、歌いやすいよ、
そーね、シクラメンの声なら、ま、だいじょぶでしょ」
はいはい、仰せの通りにいたします
DSC_0476.jpg
練習会場は国技館ではなく、区民センターのようなところ
地下鉄の蔵前から、ゆっくり歩くとこんなふる~い古書店や、
DSC_0478.jpg
この辺りを歩くのは初めて。50年以上東京に住んでいても。

これもまた、下町、満喫コースです
ご当地らしい花火を扱っているおもちゃ屋さん
浅草橋にも近いのでおもちゃメーカーもいっぱいあります

DSC_0484.jpg
厩橋のたもとには、こんな変なモニュメント(?)
交番に隣接している、公衆トイレでした

帰り道には、サバランを食べた本所を通って
浅草方面に出て帰ります。
散歩は、本当にたのしいよ~

って、練習のほうは、歌唱指導はどうなったのか…
とにかく、ドイツ語は分からない、読めても歌えない
高音ができらない、あと一息なんだけど
五線譜が、読めない
中学生ぐらいまでは分かったはずなのに、
いきなり「シ、の音出してください」と言われても、???

久々に劣等生気分をかみしめながらも、
大人になった私は、街歩きでほのぼの、幸せな気分で過ごしております

今日はこれで、おわりです

本所でサバランをいただく

誕生日が6月6日、という記事について、
「うちの娘も6月6日生まれよ~」というリアクションをいただきました
「どんな性格?」とは聞けずにいましたが、
ご苦労お察しいたします

この一週間、ドタバタでした
仕事では急なアクシデントに見舞われ
週なかには78歳になる父と、
久しぶりに「将来のこと」を語りながら食事

そして今日は定期メンテナンスのためCTスキャンを受けた後、
墨田区で***の*******、(次のネタに取っておこう、と思って**です)
帰り道に、コーヒーとサバランで、ほっと一息つきました

本所のコーヒー店
できる限り我慢しているケーキですが、
連ドラ「まれ」の影響か、つい
大好きだったサバランのことを考えてしまい、
ふと見るとショーケースにサバランが
ふらっと入った本所
東駒形のコーヒー店、美味しかったです

父と二人で食事をするのは、祖母がまだ生きていたころ、
やっと見舞いに来た父と、帰りにお寿司を食べて以来、3年ぶりぐらいです

「お父さん、79歳だよね」というと、声を大きくして「いや、まだ78だよ」と否定、
さらに、
 「お父さんはね、あと10年は、トランペット吹いてる気がするんだよ」と、強気の発言!!

「トランペットと言っても、ゆっくりテンポの唱歌でしょ」
背中が曲がってきて、少し歩くのは遅くなったけど
デパートのレストランのステーキセットを残さず食べる父
この天然の元気さを見ると
私のほうが、絶対、父よりも先に召されると確信しました

父娘のほほえましい姿などではなく、
けっこう感情を抑えて「いいところだけで付き合う」努力が必要です
いくつになっても、親子って微妙
元気でよかった、と心からそう思う一方で
漠然とした不安と距離を感じるのでした
アジサイの路地
千住の路地には、あじさいが似合います
この季節は、じめじめと、気分も下がりがち
こんな時こそ、忙しくスケジュールを入れたほうがよいのかもしれません
皆様も、お元気で


六月六日に生まれて…

7月7日、ならば映画にもなるのでしょうが
六月六日は、ふる~い話ですが「オーメンの日」「雨ざあざあふってきて、の日」など
あんまりいい印象はない日ですが
私の誕生日です

何歳になったのかは、よくわかりませんが
毎年メールでお花をいただくぷらっとくん様から、
こんな美しい写真のお花を
堀切菖蒲園 夢の里IMGP3819
いつもありがとうございます

日々、アンチエイジングに悩んでいる自分としては、
おめでたいのか、どうなのか
いっぱい歳とったな、っていう感じです

気が付けば50代半ば
孫がいてもおかしくない歳
40代ぐらいのときは、自分の姿かたちなんて関心がなかった

30代のころも、「若い」なんて気づくこともなく過ごして
もったいないことをした、
もっと若さを利用しておけばよかった

あとの祭り、ってこのことだったんですね~

間違いなく顔も背筋も後ろ姿も、変わってきているんですが
今日は、20年ぶりにデパートの化粧品売り場で
お化粧を教えてもらってきました

アイメイクも、ベージュ、リップもベージュ
顔がベージュなのに、化粧まで同じ色??
それでもすっぴんよりもずっと華やいだ顔になった気がします

しっかりメークに赤い口紅だと、きみまろに言われちゃいます、
「焼きそばの上の紅ショウガ」って

東御苑IMGP3843
皆様も、よいお歳を取って(撮って)てくださいね

だらっとした、毎日

このところ、忙しい
仕事は、毎日のことであるので仕方ない
趣味のテレビ観賞、録画がどんどん溜まっていく

私はケーブルテレビに付帯する録画装置と、
外付けDVDプレイヤーの両方で録画でき
それぞれダブル録画が可能なので
最大4タイトルが同時に録画できるのです

帰宅したらすぐにマッサンを観て、
食事しながら海外ドラマ観て、
日によっては時代劇(雲霧仁左衛門など)を観て…います

そんなにもテレビが好きだったのだろうか…
仕事辞めたら、本当に一日中テレビ観賞ばっかりしているのか
そんな人生でよいのだろうか

DSC_0327.jpg
  懐かしいテレビ番組、大草原の小さな家
  中学生の時がよみがえってきます(この頃から海外ドラマが好き)
  これ、実は今年の「国際キルト展」の企画テーマでした

忙しい理由はもう一つあり、
スポーツジムに通いはじめたことです
いつまで続くことやら、と思いながら1か月
特にだらっとした、今日のような日曜日は
ジムに行ってちょっと筋トレして、歩いて
エアロとかヨガを1本すると
とっても充実したような気分になります
「週に2回、中2.3日開けてきていただくのがベストですよ」
そういわれたものの、仕事の後にジムに行くのは、あとが疲れるし、寒い

ジムに行くとエステにはいかなくなる、という効果もありますが
とにかく、やりすぎないよう、バランスよくやっていきたいと思います
なんだか、一日の物足りなさを埋めているっていうのが
本当のところかもしれません
あ~あ、こんな毎日でいいのだろうか??
DSC_0325.jpg
  これ、なに??って思うでしょうが
  キルト展では、ここが中年女性で黒山の人だかり
  もちろん私もその一人、
  百恵ちゃんの出展です
  すごい技術ですね
プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
こんにちは!
「シクラメンのかおり」は、団塊世代の方々との交流で作っていただいたブログ。自分自身は1970-80年代に青春を謳歌した(はずだった)世代です。まだまだ、遊びたい盛り、いろんな町に出かけてみたい。皆さんも同じでしょ。

FC2カウンター
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。