祖母がお世話になっている老人ホームに、
話好きの「長命寺さん(仮名)」という方がいました
このブログ「ホーム日記」で登場しています
「漬物を漬けてみたいから、甕を持ってきてくれなーい?」なんて言ってた方

とっても働き者だったらしく、退職後もシルバー人材センターでお掃除の仕事をしていたとのこと
よくご家族が訪ねてきていて、自宅もすぐそばでした

3月の終わりに、商店街の角に「長命寺家葬祭所」の看板が…
珍しいお名前だからもしや?と思ったのだけれど
2.3日前にあったばかり、とても食が細くて痩せていたけれど、元気だったから、きっとちがうだろうと
心にふたをしていました

でも、ご本人でした  ある朝、静かになくなっていたのだそうです
私の祖母は認知症だから、ひとり欠けてもよくわからないのですが
他のお仲間のお年寄りはどんな思いだろう、かといって話題にするわけにもいかず
職員さんは「入院してるのよ」ということにしていましたが、
みんな本当は分かっている
1週間経つか経たぬかのうちに、次の入所者が入りました

次の方は明るいおじいちゃんで、晩酌をするのです
周りを囲むおばあさんたちも、笑いが絶えません
ちょっと離れて座っている私の祖母も、「何!飲んでるのー」と気になる様子
ちょっとずつ雰囲気は変わるけれど、相変わらずの毎日って感じです

長命寺さん、ご冥福をお祈りします
わたしはというと、かつては親を省みることもなく好き勝手していましたが、
日々を静かに送っているお年寄りたちに、もっともっと話しかけたりして
楽しい時間を作ってあげたらなーと思っています

去年の春、長円寺の境内長円寺の春

スポンサーサイト
2009.04.29 Wed l ホーム日記 l コメント (5) トラックバック (0) l top

コメント

お邪魔します
残念でちょっと寂しい出来事でしたね・・
歳を重ね・・自分達もいつかはそうなる。。
その方は元気に一日一日を大切に過ごして
来たんだと思います。。その方にとって幸せな
人生だったんだと思いたいです。。
自分も幸せな歳の取り方をしたいですね。。
2009.04.29 Wed l 金麦. URL l 編集
シクラメンのかおりさん
こんばんわ。

ログに記事をあげていますが、私もちょうど6年前に、実妹を亡くしています。
身近な存在の他界で、ずいぶん涙もろくなりましたが、
それによって拝受したありがたい心の成長やら環境の好転やらありました。
前向きに考えていけば、すべてがマイナスではないと考えられるようになりました。

しかしながら、寂しいご経験でしたね。
私からも慎んでご冥福をお祈り申し上げたく存じます。
2009.04.29 Wed l 如水. URL l 編集
金麦さん、如水さん、コメントありがとうございます
分かってもらえてうれしいわー
特養ホームには独特の認知ワールドがあって、呆けてなお、お一人おひとりの生き方が浮かびあがってきて、結構元気をもらいます
同室の方の死もまた、いつかきっと来るわがおばあちゃんの最期を受け止める、心の準備になるのでしょうね
でも、如水さんの妹さんのような、若い人との死別は悲しいですね…
2009.04.30 Thu l シクラメン. URL l 編集
お初です
アメアイブログのTSサイモンのところからやってまいりました
私は特養で6年程勤務しているものです
「独特の認知ワールド」・・・そうですね
認知パラダイスですね
その人の認知ゆえの世界観としてとらえてかかわっています
またブログのぞきにきます
2009.05.06 Wed l narinari. URL l 編集
narinariさん、こんにちは
特養でのお仕事、お疲れ様です
入所者の皆様に代わってお礼を言いたいです
祖母がお世話になっているところはユニット式個室です
オープン当初はあまり会話もなかったけれど
今は職員の皆さんすっかり打ち解けて、いい雰囲気です
若く入りたての職員さんもいつの間にか慣れてきて、
女優さんのように、お年寄りの会話に合わせてくれています
男性職員さんはみんなやさしいし
いい仕事だな、と思います
ブログまた来てくださいね
2009.05.07 Thu l シクラメン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/79-70d5893f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)