上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
いよいよ今回の旅の主目的、五島列島の世界遺産候補、教会めぐりです
宿は福江のカンパーナホテル。
船旅の疲れも親切な対応で和らぎます。とても心のこもったおもてなしをいただきました。
福江からフェリーで上五島市中通島に渡り、観光タクシーで島内をめぐります。

旅の初日、外海での観光タクシーでも、キリシタン巡礼のお話を丁寧にしていただきました。
ここ、五島は外海や長崎市内から、開拓の名のもとにキリシタンが多く移住してきたところ。
もちろん江戸時代、キリシタン弾圧のころでした。そのため移住してきた人たちは、
耕作もできにくいような崖沿いの地や荒れた海沿いの地に移り住み、大変な苦労をしたようです。
明治の世になって、それまで潜伏していた信仰者たちは、
教会(天主堂)を手作りしたのです。
頭ケ島教会頭ケ島教会
当時のままの石積です。ここは西日本唯一の石つくり教会で、鉄川与助という方が設計しています。

頭ケ島
天井が船底の形、島の特産品の椿をかたどった装飾がてとも奇麗でした。
rurudo
ルルド(磨崖仏)のマリア像もありました。

青砂が浦教会青砂ケ浦教会の美しい内装
ここ五島では、教会はいつでも誰にでも開かれた救いの場。
だから出入り自由、写真も撮らせていただくことができました。
この青砂ケ浦教会、外装は赤い煉瓦作りです。
信者さんたちがレンガを背負って運んだそうです。
福見教会ステンド五島に行った日はクリスマス前だったので、いろいろな場所で「プレセピオ」と言われる、キリスト生誕を祝いかたどった模型が展示されていました。
プレセピオ
巡礼の旅はここまで。
本当ならばもう一日観光バスの予定があったのですが、疲れ果てたうえ、連れがとうとう発熱、
カンパーナホテルさんにとことんお世話になり、
おとなしく帰途に就いたのでした。
信者でもない私のようなものが、巡礼のまねごとをするので神罰が当たったのか?
五島のタクシーの運転手さんが言ってましたが、
「このまま世界遺産に登録されなくてもいいから、観光地になってほしくないですね」
ということなのでしょうか。
でも、人の苦難を受け止め、優しさをいただいた、とても心に残る旅でした。
スポンサーサイト
2009.01.18 Sun l たびのそら l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.07.30 Fri l . l 編集
Re: 写真の転用のお願い
コメントありがとうございます
わたしのような小さく地味なブログが
公益活動をされている方のお目にとまるとは
たいへん光栄なことです
つたない写真でお恥ずかしいのですが
お役にたてるのであれば喜んで
お使いいただきたいと思います
当然のことながら、すべて撮影OKのものです
ルルドのマリア様は、
かわいらしくも、静謐な厳格さをもっていて
こころに残るお姿でした




> GS次代の女性です。昔仕事で五島に行きました。その当時はほんとになにもないというすばらしさがあありました。
> 柏・麦わらぼうしの会とは被爆者の手記を15年間、朗読劇として上演している市民公益団体です。8/21にさわやかちば県民プラザホールにて1時間30分程度に構成し上演いたしますが、その際プロジェクターによるスライドを投影いたします。
> 純心女子学園の生徒の母親の手記の中にその子どもさんが言った言葉「神様のみもとに帰る日が近づいてきたような気がします。ご恩返しもできないで残念ですけれど、その代わり皆さんのために天国でお祈りしますから」というくだりがあります。そこに上記の≪マリア像≫の写真を使わせていただきたく存じます。許可をお願い申し上げます。
2010.07.31 Sat l シクラメン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/63-cb40cb81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。