上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
旅の二日目は雨。
ボランティアガイドさるくの川野さんに、
「長崎は今日も雨だった、っていうくらい、雨が多いのですか?」と聞けば、
「そんなことないです。日本で一番先に前線が通過するから、そう感じるんじゃないですか」
とのことでした。
雨の大浦天主堂大浦天主堂も雨にぬれてます


川野さんは言いました
「観光ガイドをしていると、=長崎のお墓って、なんで金文字んなんですか=と聞かれます。なんでそんなこと聞くの?ってこっちが聞きたいんですがね」
川野さんはほとんど九州を出たことがなく、本土、いえ日本のお墓の多くは「金文字じゃない!」ってことをご存じないとのことでした。

翌日の五島の(タクシーの)ガイドさんも、九州を出たことがないとおっしゃってたことも驚きでした。
考えてみれば、私だって東京もんじゃなければ、「本土に行ったことないよ」だったかもしれませんが。
こんな小さいことですが、旅に出てみると「人の人生ってさまざまだなあ」と感じます(大げさか…)

雨はどんどんひどくなり、五島(福江)に行くはずのジェットフォイルは欠航、
80分でつくはずの航路が、フェリーで180分になり、しかも当初に比べ出発は6時間も遅れました。

2時間も波に揺られるなんて、酔わない自信なかったのですが、
寝てたりうろうろしたり(船中はとても揺れて歩くのが辛かった)食べたり、
なんとか酔わずに到着したのですが、宿に着いたのは夜の9時過ぎでした。
それから晩御飯をいただいたので、ちょっとつかれた…です
スポンサーサイト
2009.01.18 Sun l たびのそら l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/62-97f3279b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。