上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
暮れに長崎、五島に行ってきました
お目当ては、世界遺産暫定登録のカトリック教会群です
JALツアーでぴったりの商品があり、3泊観光タクシー付き、
少々お高いけれど、観光つきは魅力です
黒崎教会
初日は長崎、外海を周遊しました
黒崎教会は抜けるような青空、マリア像は静謐な美しさでほ来訪者を受け入れています

観光タクシーの山下さんは、とても歴史に詳しい方でした
さっそくお話に出てくる「潜伏キリシタンってなんですか?」と尋ねてみました
「隠れキリシタンと潜伏キリシタン」の違いって、わかりますか?
=秀吉が初めてキリシタン弾圧をして以来、江戸時代にも度重なるキリシタン弾圧がなされてきた
 厳しい処分や殉教がされた地を「(地域名)崩れ」という
 明治6年の禁教令廃止まで仏教に帰依する姿をしながら、
 ひそかに信仰を守り通した多くの民がいた
 その後、カトリックに帰依したものを「潜伏キリシタン」という
 しかし200年もの間、小さな地域ごとに守られてきた信仰は、
 カトリックでもなくその地域独自のものとなっていた
 そこでは帳方(神父役)、水方(洗礼を授ける担当)など役割を
 守りつぎ、現在にいたっている
 つまりカトリックに帰依することなく、独自の教えを守り続ける民を、
 「隠れキリシタン」と呼ぶ=のだそうです
踏み絵
 弾圧の厳しかったころ、毎年1月1日には踏み絵(当地では絵踏み、というらしいです)
をされたこと、各地に神道を装ったキリシタン神社が点在していること、
などを丁寧に説明していただきました
 ちょうど約1か月前の11月22日、
殉教者189名の霊が聖人となる儀式、列福式がこの地で行われたのだそうです
 世界各地から3万人もの列席者が集まったとか
 20年ぐらい前に、ヨハネパウロⅡ世が長崎を訪問したときに
この列福の儀を提案し、20年以上かかって実現した、ということでした

 昼すぎからは長崎市内をぶらぶら歩き
 翌朝は市内観光をしたのち、いよいよ五島の福江に渡ります
めがね橋
 
スポンサーサイト
2009.01.03 Sat l たびのそら l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/60-6b34ad28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。