先週末、けたたましいサイレンの音が響き、「また川の水が水位をこえたのかぁ」と思っていると、消防車のサイレンでした。
 去年11月のブログに「銭湯の思い出」を書き、これは自分でも一番気に入っているところなので、ご覧になっていない方は、ぜひそのページもご覧ください。

その中で、子ども時代に近所の銭湯が火事になり、そのうちの子どもとわんわん泣いた、悲しい思い出を書いてます。

さて冒頭の先週末のサイレンも
近所の銭湯が燃えたためでした
弁天湯というその銭湯。私は入ったことがないのですが、
友人が「チェルノブイリ被災児の日本での保養」という特別なボランティアをやっていた時、
金髪・青い目の美しい子供たちを必ず連れて行った、という私にとっても、心にかかるお湯なのでした。

今は、私の子ども時代とは違い、きちんと保険にも加入し生活保障はされているのでしょうが、
狭い町で、また銭湯を再開するとは、私には思えず残念。

赤毛のアンじゃないけれど、明日わが身に降りかかることなんてだれもわかりませんね。

ところで友人は、「銭湯の思い出」について
「男湯に連れて行ってもらうと、背中に入れ墨したおじさんが必ずいたのよね」とコメントを。
そうそう、青緑のような、オレンジのような、竜のような蛇のような、花だったり。
新大久保の町の銭湯でも、たくさんこんなお兄さんたちがいて、
私はうろうろしながら、じろじろ見まわってました。
怒られたことなど一度もなく、お兄さんたちにはちょこっと声をかけられたりして、
結構いい気分でした。
祖父もそんな私を叱ることはほとんどなく、面白がってたように思います。
銭湯のそばで喫茶店をやっていたこともあり、お客さんたちだったのかもしれません。
当時は入れ墨してるひとはいっぱいいて、
どこのお風呂屋さんでも「入れ墨お断り」なんて書いてなかった。
特別な業界の人、という感じはまったくしませんでした。

一番最近、入れ墨(刺青か?)を見たのは、10年ぐらい前。
スーパー銭湯の女湯で(さすがにもう男湯には入れまい…)。
左右の太ももにお揃いの「小さい赤いバラ」を彫った、女性カップルでした。
わたしもオトナになったので、じろじろ見るような失礼なことは致しませんでした。

ところで子どもだったころ、お兄さんたちは私にどんな言葉をかけていたのか?
今も昔もお調子もの、とは自覚してるけれども、
ちょっと想像したくない気がします。

ここは今も営業中!タカラ湯です
タカラ湯(1)

スポンサーサイト
2008.05.28 Wed l 団塊ウォッチャーとして生きる l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/34-4eecd667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)