シクラメンのかおり

シクラメンのかおりのような、ほのかな情報を団塊世代そして同世代にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

有田焼400年、佐賀の旅へ

5月。
ゴールデンウィークを遊びつくすことに力を使い果て、
土日は引きこもりがちになっておりました

今年は有田焼が作られて400年の記念の年だとか
ゴールデンウィークは、
有田陶器市もやっているので行ってきました

今右衛門有田陶器市
10年近く前にも言ったことのある有田ですが
陶器市では、通常の3割ぐらい割引があるので
とってもお得、賑わいもいい感じ

有田焼400年
有田焼を「伊万里焼」というのは、
伊万里港から国内外へ送ったからとのこと

伊万里は山の奥深くに作られた
佐賀鍋島藩の御用窯で、
現代でもこのような『色鍋島」の伝統が生きています

なかでもずっとお気に入りなのは
市川光山窯で、
少しですが集めています
市川光山さんの作品
伝統工芸士の会から奨励賞を受けた方です
大きな作品はとても高価で、
「退職記念に、と購入される方が多いです」とのこと

伊万里陶工の墓
豊臣秀吉の朝鮮出兵の後ごろから
伊万里には朝鮮半島の陶工が連れてこられ
この美しい作品のもとを生み出しました
陶工の墓が慰霊塔となって作られています

楓の実
三島唐津(2)
有田、伊万里だけではなく、
唐津にも泊まり、本場唐津焼をみてきました
いえ、買ってきました…
三島唐津(1)この精緻で美しい「三島唐津」は
とても手に入りませんが、500円のかわいい片口で満足しています
でも、いつかほしいな、こんな唐津焼

祐徳稲荷神社

旅の終わりに、日本一大きな稲荷神社という、
祐徳稲荷神社にお参りをし、御朱印をいただき

左馬の絵馬をいただきました
運気向上祐徳稲荷神社
運気向上、馬が人を引いてくれる、というらしいのですが
幼いころ祖母が
「夜、はきものをおろすときは、
 うらにひだりうま(馬の逆さ文字)を書くものなのよ」
と言っていたのを思い出しました

心地よい足運びで、
皆様もわたしも、道が開けますように


スポンサーサイト
 [ 2016/05/29 17:50 ]  たびのそら | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
こんにちは!
「シクラメンのかおり」は、団塊世代の方々との交流で作っていただいたブログ。自分自身は1970-80年代に青春を謳歌した(はずだった)世代です。まだまだ、遊びたい盛り、いろんな町に出かけてみたい。皆さんも同じでしょ。

FC2カウンター
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。