年度末の忙しさの合間を縫って、
パールさん(私と同じ、6月生まれの友人)とのお誘いにのって
心身の浄化のために、伊勢神宮に行ってきました
「社ガール」「朱印ガール」とかって自称する、あやしげな私たちです

伊勢神宮の参拝のお作法を熟知しているパールさん
参拝の前日
まずは伊勢うどんでしょう
伊勢うどん
このお店では、自家製の小麦粉を使い、2時間しっかりとゆであげた麺に
色は濃いけれど、意外とあっさりしたおつゆを絡めていただきます
にゅっ、として、コシのない麺なのに、とってもおいしい💛
やさしい食感でした

夜は、二見が浦の塩水を使っている、銭湯で身を清め、
旬の恵みのお魚、伊勢海老、松阪牛でおなかを満たします
まるでグルメ旅行?
いえいえ、伊勢の地に感謝しながらいただきますから…

参拝は「外宮(げくう)、内宮(ないくう)」の順なのだそうです
外宮と内宮の間は4.5キロ離れてるので
バスで移動をします
内宮で御饌(みけ)と言われる御祈祷を受け
内宮で御饌を受ける
お札をいただいて、神宮の中にある多くのお宮にも
一つ一つ、お参りをしていきます

伊勢神宮は皇室の神社、というイメージもありますが
どこよりも中心にある、強い力を感じ
自然と「森羅万象」にお祈りをする、という気持ちになります
自分の存在は森羅万象のほんのひとかけだけれども
すべて包まれて、生かされている、
第九の歌詞の「すべての人々は、神のつばさのなかで兄弟となる」
というフレーズを思い出します
われながら、こころが洗われている感じがします、
いや、照れるな~

猿田彦神社
とても一日では回れないほどのお宮がありますが
御朱印帳が一つひとつ埋まっていく快感の、いいですよ~
前日にお参りをした、猿田彦神社では
婚礼の最中でした
お社、撮影中

清められた旅の終わりは、もちろんお土産もの探し
6月生まれの誕生石、パールの「お念珠」を
パールさんともども手にして、
心身ともに満ち足りて帰途に向かいました
朝ごはんをいただく
スポンサーサイト
2016.03.21 Mon l たびのそら l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/312-67bbbd0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)