シクラメンのかおり

シクラメンのかおりのような、ほのかな情報を団塊世代そして同世代にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第九を歌う会、その後

NPOムジカフレスカが主催する、「あだち第九を歌う会」は、
10月4日に無事終了
約3か月の練習では、50人そこそこの足立区民が集まりました
ほぼ高齢者、私ぐらいの年齢が平均で、
小学生も二人混じって
ムリしてソプラノやらテノールやらの裏返った声を出していました
P1100721.jpg
【ブランデンブルク門の夕景】

なんとか収まったのは、ひとえに「エキストラ」や、多少心得のある協力者がいたためで
私たち初心者の努力が実ったわけではありません

今もなお、第九を歌う会の練習に通い続けています
P1110038.jpg

墨田区NPO主催、「国技館すみだ第九を歌う会」
なんと、全国から5000人が集まるらしい!
http://www.5000dai9.jp/
もともとは、足立区ではなくこっちの練習会に参加したのがきっかけで
浅草や本所をうろつきまわるのも楽しみの一つでした

夏に4回ぐらい練習会があり、中断していましたが
10月から、いよいよ本番に向けた練習が再開、
こっちは来年2月末が本番のステージ、
オーケストラが第一楽章から演奏します
これからが練習も佳境を迎えますが、
「大勢いるからくちパクでもいいんだよ、」なんて講師に言われてしまうありさま

「テノールばか、っていうのよ」と友人が言いましたが
一度第九のステージを味わったら、
裏返ってもせき込んでも、大声で高音で歌いたくなる、魔力があるみたい
特にテノールおじさんは、ほんと、頑張るからすごい!!

P1110131.jpg
写真はベートーベンではなく、モーツァルト(ベルリンの絵画館所蔵)ですが
クラシックを歌うのは、なにか特別なチャレンジで

「今週は木曜日に練習があるな、」というだけで
一週間の辛い日々も我慢ができる、そんなものです

これでまた、毎年恒例で参加することになるかも
ちょっとした楽しいことを積み重ねて、ストレスをやりすごさなきゃ!!
P1110041.jpg
【ベルリン、コルヴィッツ広場のコルヴィッツ牧師】


スポンサーサイト
 [ 2015/11/11 18:35 ]  仕事はほどほどに | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
こんにちは!
「シクラメンのかおり」は、団塊世代の方々との交流で作っていただいたブログ。自分自身は1970-80年代に青春を謳歌した(はずだった)世代です。まだまだ、遊びたい盛り、いろんな町に出かけてみたい。皆さんも同じでしょ。

FC2カウンター
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。