シクラメンのかおり

シクラメンのかおりのような、ほのかな情報を団塊世代そして同世代にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

この歳で冒険!ドイツに行ってきました

まる2か月も、ほったらかしにしてしまったブログ
照れ隠しにつけたタイトルですが、
2か月も前の旅でしたので、記憶も薄らいできているのですが
マイセン街並み


ドイツ旅行は4回目ですが、若いとき以来の久々、個人旅行。

ネットで航空券やらホテルやらをとることからから始まって、
ミュンヘン中央駅での特急券購入とか、
たどたどしい英語で
「湯沸しポット、貸してください」とか、
「張り薬(モーラステープ)をきるので、ハサミ貸してください」とか
「この手紙に切手を貼って投函してください」とかっていう
ホテルへの依頼をやるわけです
これはもう、56歳の大冒険です

P1100611アルブレヒト城
今夏のドイツの旅、一番の目的は「マイセン」訪問でした
赤い屋根の美しい街並み、大聖堂、
強王アウグストがアルブレヒト城に陶工を幽閉し
心身ともに追い詰めて創造させた、マイセンの磁器

この写真はマイセンの大聖堂ドームですが、
右横の屋根窓が、うっすらと目を開けているようで、監視されてるような、
不気味に見えませんか??
アルブレヒト城の屋根窓は、すべてこの薄目型で、
歴史物語を象徴しているように思えます

それはともかく、
個人旅行だからこそできる、街歩きとお買い物を堪能しました
そして、ついに…

P1110736踊る美女

これはもう、一生の宝もの、
ハインツ・ヴェルナー教授が描いた「アラビアンナイト」シリーズのお皿を入手!
とはいえ、アウトレット品をアンティークショップで見つけたので
金額はお手頃でした
ずっと探していた絵皿だっただけに、
ショップの老婦人と30分ぐらい粘って探し出した
運命の品  夢、ゆめ、夢みたい

そんなわけで、仕事もブログも、部屋の片付けも
すべてどうでもいい!って思うような
冒険の旅は、私の心を十分に満たしてくれたのでした

P1100625マイセンドール

旅はまだまだ続くのですが、今日はおわり




スポンサーサイト
 [ 2015/09/22 15:15 ]  たびのそら | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
こんにちは!
「シクラメンのかおり」は、団塊世代の方々との交流で作っていただいたブログ。自分自身は1970-80年代に青春を謳歌した(はずだった)世代です。まだまだ、遊びたい盛り、いろんな町に出かけてみたい。皆さんも同じでしょ。

FC2カウンター
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。