シクラメンのかおり

シクラメンのかおりのような、ほのかな情報を団塊世代そして同世代にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本所でサバランをいただく

誕生日が6月6日、という記事について、
「うちの娘も6月6日生まれよ~」というリアクションをいただきました
「どんな性格?」とは聞けずにいましたが、
ご苦労お察しいたします

この一週間、ドタバタでした
仕事では急なアクシデントに見舞われ
週なかには78歳になる父と、
久しぶりに「将来のこと」を語りながら食事

そして今日は定期メンテナンスのためCTスキャンを受けた後、
墨田区で***の*******、(次のネタに取っておこう、と思って**です)
帰り道に、コーヒーとサバランで、ほっと一息つきました

本所のコーヒー店
できる限り我慢しているケーキですが、
連ドラ「まれ」の影響か、つい
大好きだったサバランのことを考えてしまい、
ふと見るとショーケースにサバランが
ふらっと入った本所
東駒形のコーヒー店、美味しかったです

父と二人で食事をするのは、祖母がまだ生きていたころ、
やっと見舞いに来た父と、帰りにお寿司を食べて以来、3年ぶりぐらいです

「お父さん、79歳だよね」というと、声を大きくして「いや、まだ78だよ」と否定、
さらに、
 「お父さんはね、あと10年は、トランペット吹いてる気がするんだよ」と、強気の発言!!

「トランペットと言っても、ゆっくりテンポの唱歌でしょ」
背中が曲がってきて、少し歩くのは遅くなったけど
デパートのレストランのステーキセットを残さず食べる父
この天然の元気さを見ると
私のほうが、絶対、父よりも先に召されると確信しました

父娘のほほえましい姿などではなく、
けっこう感情を抑えて「いいところだけで付き合う」努力が必要です
いくつになっても、親子って微妙
元気でよかった、と心からそう思う一方で
漠然とした不安と距離を感じるのでした
アジサイの路地
千住の路地には、あじさいが似合います
この季節は、じめじめと、気分も下がりがち
こんな時こそ、忙しくスケジュールを入れたほうがよいのかもしれません
皆様も、お元気で


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
こんにちは!
「シクラメンのかおり」は、団塊世代の方々との交流で作っていただいたブログ。自分自身は1970-80年代に青春を謳歌した(はずだった)世代です。まだまだ、遊びたい盛り、いろんな町に出かけてみたい。皆さんも同じでしょ。

FC2カウンター
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。