シクラメンのかおり

シクラメンのかおりのような、ほのかな情報を団塊世代そして同世代にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

しまなみ海道、春もよう

しまなみ海道は、サイクリングの聖地?っていうぐらい
たくさんのひとが自転車で橋をわたっていました
写真の自転車に乗ったクマは「みかん」という
しまなみ海道のキャラクターだそうです
多々良大橋
私は泊まったのは、生口島
ここは平山郁夫の生家と美術館があり
耕三寺という、昭和になって建てられた寺院があります

耕三寺
耕三寺は、日光の陽明門を模した「孝養門」や、
法隆寺の夢殿を模した六角堂などもあり
篤志家であった創設者の(ミーハーともいえる)志が伝わってきます
生口島島ごと美術館
静かだけど見どころはたくさんあり、
島じゅう美術館、ということらしく、あちこちにモニュメントが
写真の向こうに見える、メガネのようなものもその一つです

翌日は道後温泉に移動しましたが
道後温泉本館はすごい人で、一時間待ち
入浴は断念し
そのかわり

松山2番町のマジックバー
松山二番町のマジックバーで、
とっても楽しいひと時を過ごしました
大学生のアルバイトらしいバーテンさんが
実家の仏壇から持ってきた、というリンを鳴らすと
カラだったはずの鉢にはキャンディーが…
タネもしかけもあるんでしょうけれど、
やっぱり、夜遊びは楽しいね~
スポンサーサイト
 [ 2015/05/09 11:57 ]  たびのそら | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
こんにちは!
「シクラメンのかおり」は、団塊世代の方々との交流で作っていただいたブログ。自分自身は1970-80年代に青春を謳歌した(はずだった)世代です。まだまだ、遊びたい盛り、いろんな町に出かけてみたい。皆さんも同じでしょ。

FC2カウンター
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。