上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
赤毛のアンのなかで、親友のダイアナを自宅に招き、マリラ(アンの養母)の作った「イチゴ水」をふるまうシーンがあります

外出するマリラが指示した場所には、イチゴ水ならぬ「赤ワイン」が!
何も知らないダイアナは、
「これはすごくおいしいイチゴ水ね」 とか言いながら、何杯もお代わりをします
家に帰って異常に気づいたダイアナの親から、アンは絶交宣言をされてしまいます

ダイアナって結構いける口ね、なんて軽口叩いていられないほど、
アンにとっては心ふさぐ、悲しい出来事でした

それとはまったく無関係に、今、近所の八百屋さんで小さいイチゴが、格安で並んでます
昨年から、この時期に一年分のジャムを作ることにしてます
新鮮いちごイチゴジャム完成  ジャム用のイチゴは小さいので、ヘタをとるのにも一苦労
いちごミルク ジャムが出来上がるまえの、ゆるゆるの状態で「イチゴ水」用に取り分ける


作り方は、超かんたん
イチゴを火にかけ、吹きこぼれなくなったらお砂糖を加え、煮詰めます
このゆるい状態で少しとりわけておき、イチゴミルクなどにして楽しんでます
  (たぶん、アンのイチゴ水はこれでしょう) 
途中、水あめか蜂蜜を加え、十分煮詰めたらレモン汁を加え、火を止めたあとブランデーを加えます

保存のコツは、煮沸した瓶を使い、ふたとジャムの間をラップなどでふさぎ、ジャムが空気に触れないようにします
もちろん、使うときはスプーンなどで取り分けて使います
ふたには作った日付け、特徴(ブランデー多め、とか)を書いておきます

イチゴの種類、砂糖の量や火加減などで、作るたびに味が少し違うので、レシピはありませんが
 一応、イチゴ2キロに砂糖700グラムぐらいが目安、味を見て変えてます

学校給食で使うジャムと食べ比べてみると、まったく別の食べ物のようでした
フルーツという感じがしない、そんなジャムを子どもたちは食べてるのかな
自分もかつてはそうでしたが…

祖母のいる施設に持っていくと、すぐになくなってしまいました
職員さんから  「みんなおいしい、おいしいって食べてます」  と聞くとうれしくて
また来週も作って持っていかなくちゃ! とおせっかいごころに火がつきます

祖母は好き嫌いがはっきりしてるのですが、「おいしければ何でも食べるのよ」
というのが本音みたいです
適当に作った野菜炒めなんか、横を向かれてしまいます

お年寄りは味覚が鈍くなる、とかって言われますが、逆に我慢をしなくなる分、
味にはうるさい、というのが真実でなはいでしょうか










スポンサーサイト
2008.04.20 Sun l こんなシクラメンのかおり l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

初めて会ったとき、私がアンシリーズをほとんどすべて読んでた子だなんて知らなかったでしょ(笑)
先日作ったいちごジャムは、いちご水といちごジャムの真ん中くらい。ヨーグルトにかけて食べてます。
また、遊んでね♪
2008.04.30 Wed l めんめん. URL l 編集
大安寺のアン・シャーリー、元気?
ひさしぶりー!
めんめんさんがアンを読んでたなんて知らなかったけど、ちっとも驚きじゃないなあ  「アンの部屋」の洋服も、きっと今も似合うはずよ
ギルバートさまはどうしてますか?
飲みすぎないように、と伝えてください
2008.05.04 Sun l ウォンバット. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/29-f68fa177
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。