上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
このところ新聞などでもよく出ている、コーヒーのサードウェイブ
先日、足立区西保木間で、古民家カフェをやっている方と
しばしコーヒー談義を。

「コーヒーのサードウェイブがきてるんだよ
はやりのチェーン店(SBとか)は、シアトル系っていう
深入りのしっかりとした、だけど画一的な味、
これから上陸してくるサードウェイブは
一杯づつ、ドリップやサイフォンで入れる
香りと酸味、甘味をじっくり引き出す」

「それって、私が子供のころに流行っていた味かもね」
そうそう、そんな感じ
小学生まで、喫茶店のムスメだった私が親しんでいたのは
サイフォンコーヒーでした
渋谷の珈琲豆専門店から仕入れていた
モカマタリやキリマンジャロ、ブラジルなどを主流として
ブレンドした味で
今なら、「上島珈琲店」の感じです

正直、SBとかの味は好みではありません
今もあるのかな、高田馬場の「ユタ」「カンタベリー」、
新宿や渋谷の「トップ」
学生時代に、サイフォンの落ちるのを眺めながら
時間の無駄、かもしれない、よしなしごとを
漠然と思索してました
DSC_0400.jpg

今日は千住のコーヒー専門店で、友人とお茶しました
「深夜食堂」を読みながら、友人を待っている間、
ひっきりなしにお客さんが入れ替わる人気店です
いいよ~、千住の昼下がり
ちなみに、コーヒーのファーストウェイブは、
インスタントコーヒーの開発による普及と、アメリカンコーヒーの流行
セカンドウェイブは、シアトル系だということです
スポンサーサイト
2015.04.29 Wed l 千住 小風景 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/288-4e5ca7ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。