シクラメンのかおり

シクラメンのかおりのような、ほのかな情報を団塊世代そして同世代にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

香港フリークのために

あけましておめでとうございます

自分のちょっと先輩に、とてつもない香港フリークが二人います
10年ぐらい前から毎年,
家族を顧みず、
一人で香港をふらつくことが習慣となっているその方々は、
いかに香港が、住みやすく安定してリッチで
ちょっと猥雑だが怖くない、と喧伝し続けました
これに洗脳された私は2013年の暮れ、香港に行くことにしました

P1060514.jpg
そうそう、イメージどおりのこんな町。
看板がせり出していて、原色で。
怪しげな市場がたくさんあるけど、
旅行ガイドの約束事を守り、
流れに乗ってしまえばとっても楽しい!
ただ、日本語はもちろん英語もあまりよく通じないので
無駄なお買い物をさせられるかもしれません。
ちなみに私は、花文字の額購入は◎でしたが、
墨絵の風景画は、帰宅後飾るところがなくて後悔しました。
P1060530.jpg
私が宿泊したのは九龍というところでしたが、観光地っぽい感じ。
香港島のほうが英国文化と庶民の暮らしが混在していて
金融街にも圧倒される、不思議な町でした。
食べ物はどれもおいしいのですが、
ホテルで食べたイタリアンは、もうまずくてまずくて
厨房に入って、自分で作りたくなるほどひどかった。
P1060544.jpg
こんな路地沿いにある、おいしい中華料理を食べていればOK。

テレサ・テンの最後の傑作、「香港HONG・KONG」は大好きな曲、
カラオケの背景に流れる風景を探しました。
P1060388.jpg
ビクトリア・ピークの獅子亭。
ここでテレサは、おじさん観光客に囲まれて、一緒に写真を撮っていたのね
(詳しくはカラオケでご覧下さい)。
昼の景色も夜景も、スモッグのせいか、視界は良くありません。
P1060457.jpg
何を祈っているのでしょうか。
家族で寺院にお参りするのは私たちも同じです。

昨秋に始まった、学生たちのデモに抗議活動。
この時の旅で何度も通った幹線道路や繁華街が、
静かに、人垣で埋め尽くされ、占拠されていたのでした。
英国統治には直面しなかった自治のあり方に対して、
若い人たちが真剣に向き合っている姿をテレビを通して見ながら、
新しいHONG・KONGの行方を案じています。
テレサもきっと…。
スポンサーサイト
 [ 2015/01/02 13:22 ]  たびのそら | TB(0) | コメント(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/01/05 17:39 ] [ 編集 ]
Re: スパゲッティ
たしかに、地雷でした
でもフリークスさんたちは
教えてくれなかったです~
「香港でイタリアンはタベルナ」
コメントありがとうございました


> 初香港でスパゲッティ!
> 初出撃で地雷踏んじゃったというか、、
>
> 知り合いの香港人、日本に来てスパゲッティって美味しいものだって初めて知ったそうです。
> アルデンテって言葉は、香港にはないそうです。
[ 2015/01/11 09:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
こんにちは!
「シクラメンのかおり」は、団塊世代の方々との交流で作っていただいたブログ。自分自身は1970-80年代に青春を謳歌した(はずだった)世代です。まだまだ、遊びたい盛り、いろんな町に出かけてみたい。皆さんも同じでしょ。

FC2カウンター
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。