シクラメンのかおり

シクラメンのかおりのような、ほのかな情報を団塊世代そして同世代にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

奈良へ 秋の旅

「ブログ、ちゃんと更新してください~!」
昨日、ランチした友人(先輩)から、お叱りの言葉が。
更新していないと、なんだか忙しいのかな、と心配してくださっている様子

たしかに、このところ悩んでいることがあり、
って大したことではないのですが
小さな悩みが多くあり、なんとなく仕事も休暇も停滞気味です
そういいながら、エステで初めてのモミだしを体験したりしています

さと刀根柿の
10月11日からの三連休で、久々に奈良・明日香方面に行ってきました
山の辺の道、刀根柿発祥の地だとかで、
刀根さん、というお宅もありました
秋の奈良は、やっぱり柿、ですね~

寺大野
今回の旅の目的も、宿場町と町並み、里山、古寺をとろ~っと見て歩くこと
室生寺のすぐそばにあって、ほとんど人の立ち寄らない大野寺、
磨崖仏が荘厳な姿で見られますが、写真撮るのは難しいです
寺内のお地蔵さまをご紹介

今井町
重要伝統建造物群保存地区(重伝建)、
今回最初に訪ねたのは、橿原市のすぐ近くの今井町です
堺や近江八幡のように、独自の発展を遂げました
商家のお屋敷が続いており、大黒様も誇らしげにいらっしゃいます

川を堀に見立て、一向宗寺院を中心として作られた、環濠集落
ヨーロッパの城塞都市を小さくしたような町の作りです
ばったん、ばったんと機織りのような音が響き、
古民家カフェや宿泊施設がある、静かな、美しい街でした

コスモス明日香村の
山の辺の道、三輪神社から橿原、明日香へと入ります
コスモスと棚田、そして古墳が続く風景、
明日香村は本当にきれい。日本が誇る原風景です
かねてから行きたかった、高松塚壁画資料館にも行けました

里大宇陀医薬の
もう一か所の重伝建のまち「大宇陀」にはいりました
「ひんがしの 野にかぎろいのたつ見えて かえりみすれば 月かたぶきぬ」
柿本人麻呂ゆかりの地、葛や薬草の産地です
この地で薬商を営んだ人たちが、
後に田辺、三共などの製薬会社に展開していくとの話を伺いました
大宇陀IMGP3858
奈良漬けも、伝統の味、かな
スポンサーサイト
 [ 2014/11/02 12:12 ]  たびのそら | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
こんにちは!
「シクラメンのかおり」は、団塊世代の方々との交流で作っていただいたブログ。自分自身は1970-80年代に青春を謳歌した(はずだった)世代です。まだまだ、遊びたい盛り、いろんな町に出かけてみたい。皆さんも同じでしょ。

FC2カウンター
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。