中学ぐらいの時から、萩原朔太郎、中原中也、
などを読みふけった、
それは私だけじゃないはず

旅の詩集には
今も心惹かれます
朔太郎の一節

ふらんすへ行きたしと思へども
ふらんすはあまりに遠し
せめては新しき背廣をきて
きままなる旅にいでてみん。

夜のカフェ、アルル

新しい背広着た旅よりも、フランスのほうが楽しいよ
朔太郎さんに教えてあげなきゃ
で、行ってきました!
ここはアルル、ゴッホの絵になった「夜のカフェ」の場所
フツーの小都市の喫茶店なのに
ゴッホさんには特別な開放区だったのでしょうか
私のミーハーごころは、すでに大満足です

フランスに行きたい、という気持ちはあまりなく
割安感からだけで、フランスを選んでしまった
その期待感の緩さもあって、思った以上に面白かった
アルルの朝(2)

アルルの田舎町、早朝の風景
フランスの田舎町は、どこを見てもきれいな景色です
それでもどこか寂しさも感じてしまうのは
「なぜゴッホはここで傑作を残しながら、亡くなったのだろうか」
という私の思いこみでしょうか

アンティークショップで
町を歩けば
張り紙がいっぱい、ちょっと猥雑な路地の町
「千住の路地のほうがきれいだわ~」なんて思ったり
アビニョンの町の、アンティークショップです

跳ね橋アルルの
これもゴッホの絵になった、「跳ね橋」
実際はつくりかえたものらしいですが
カルーセル
わたしは、これが大好き!
カルーセルが回り、子どもがにぎやかに声をあげる
丁寧な装飾をしている
年代物の回転木馬は、
いつまで見ていても飽きないです

イギリスの田舎町に憧れて、一年前に行っているのですが
フランスは
わざわざ「田舎町」とうたわなくても
車窓から見る景色も、観光地も
どこも、きれいです
(つまりパリ以外は、どこも田舎~とも言うか)
そして、砂時計のような形をした、
原発らしき施設も点在していたのが意外でした

この旅はニーズからアルル、リヨン、
モンサンミッシェルとフランスを縦断し、最後にパリに泊まるという
結構強行なルートでしたが
20人のツアー仲間は、すぐに仲良くなりました
(安いツアーだからか)
面倒くさがりの添乗員さんよりも
お客さん同士、面倒を見たり見られたりしながら
長いバス旅も退屈することなく楽しめました
「あたしツアーガイドじゃないですから」と明言する添乗員さんに、
「手抜いてんじゃないの?」とかいって、
これがまたツアーのみんなの笑いをさそい
和やかなムードで過ごしました
(つづく)アルルの朝(1)花



スポンサーサイト
2014.08.28 Thu l たびのそら l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/273-bd2d4e88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)