シクラメンのかおり

シクラメンのかおりのような、ほのかな情報を団塊世代そして同世代にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

岩手 二戸 ルーツの旅


旅の続き、二泊めは岩手県金田一温泉へ

夏のもみじ
色づくまえの、青々としたもみじ

金田一温泉は戦国時代からある、古い温泉ながら
荒れたままになっているホテル、
コンビニもない、さびしいところでした
道端にある水道の蛇口からは温泉が出ていて
町の暮らしはけっこう住みやすそうでした

金田一温泉おぼない
料理旅館おぼない、
あまりにも飾り気がなさすぎます
いいお湯でしたのに…
大女将、中女将、そしてかわいい若女将が
心をこめて接客してくれたのが心に残ります

P1020642.jpg
金田一温泉とは関係ありませんが、旧家にはこんなコレクションが

さて、金田一温泉にほど近い「二戸市」「九戸町」
わたしの旧姓は「A」といい、ちょっと変わった名前です
父方の祖父の故郷が岩手県で、
「A」の名がつく城があり、集落もあったと聞いたことがあります

20代のころに一時、ルーツが知りたくて親戚を訪ねたことがあるのですが
当時すでにそっちの親戚とは音信不通でした

 8年ほど前に法事があり、大叔母、大叔父と再会するのですが、
 二人とも相次いで他界してしまいました

ルーツにも関心が薄れたままに、
ふっと行ってみたくなった今回の旅
「A」の城は今はなく、近くの九戸城跡を見てきましたが
このとおり。
城跡
なんか、さみしい風景でした
二戸市郷土資料館では、とてもとてもよくしていただき、
「A」の名前が一時歴史から消えたことや
いまも「A」さんがたくさん住んでいる地域を教えてくれました

作家の瀬戸内寂聴さんが今も管理するお寺もすぐ近くにありました

投宿したときにはあまり感慨もなくうろつきまわったのですが
ここのところの秋風が寒いからか
もっとしっかりと、ご先祖さんの住む町を見てくればよかったか、と
心残りな感じを持っています
また、訪れることができるでしょうか

スポンサーサイト
 [ 2012/09/27 22:18 ]  たびのそら | TB(0) | コメント(4)
二戸、九戸、お城…
南部氏が脳裏をさまよいますが、旧姓、わかったような気がします。

良いですよね?東北は♪


↓青池の神秘的なブルーは忘れないですよね~
千畳敷や大銀杏もご覧になられましたか?

ただただ指を咥えて拝見させていただいております。
[ 2012/10/02 12:36 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/10/30 22:34 ] [ 編集 ]
調査結果報告では
三戸、四戸は青森県側にあるので一戸さんが最有力となりました。

以下調査報告書です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最有力は一戸さん.二戸さんという名字は聞いたことがないので除外しました.二戸城はどこにあったのかは分かりませんので,有力であるとは思いますが.
さて,四戸さんも考えられますが,浄法寺の近くに多く,城もあったということなので違うと考えます.四戸城は,青森県側にあったという文献が残っているそうです.四戸さんという名字は,私の住んでいる
ところに多くある名字です.昔は武士とか.
[ 2012/11/26 12:35 ] [ 編集 ]
Re: またまたびっくりです
ととさん!
え~~!
不思議なご縁ですね、ニッポンひろいのに
こんなことがあるから、
ブログって面白いのですね~
[ 2012/12/16 16:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
こんにちは!
「シクラメンのかおり」は、団塊世代の方々との交流で作っていただいたブログ。自分自身は1970-80年代に青春を謳歌した(はずだった)世代です。まだまだ、遊びたい盛り、いろんな町に出かけてみたい。皆さんも同じでしょ。

FC2カウンター
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。