シクラメンのかおり

シクラメンのかおりのような、ほのかな情報を団塊世代そして同世代にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏旅 石見から奥出雲へ

旅の下調べはいつも「るるぶ」か「マップル」ですが

道の駅などにある、超ローカルな見どころマップが
とってもおもしろいと感じるようになりました

三瓶小豆原埋没林
観光ガイドには載っていない名所
「三瓶小豆原埋没林」
ここは4000年前には、うっそうとした林だったところ

10数年前に水田開発をしようとしたところ、
土の下には直径2メートルもある古代の樹林が出てきた!!

火砕流にひと飲みされた樹木は、外形は炭化していました
土や砂に覆われたまま、4000年の眠りについていたのでした

亀嵩道の駅
次に立ち寄ったのは道の駅「酒蔵奥出雲交流館」
出雲の酒や焼酎がずらっと並んでいるショップの隣、
映画のロケ地だった場所でした
砂の器(1)
あの「砂の器」の舞台となった、亀嵩(かめだけ)です
「あの」というと、わたしは加藤剛、緒方拳の作品を思うのですが
ここに展示されていたのは「渡辺謙、中居くん」でした

カメダはいまも、相変わらずでしょうねえ  なんだか思い出します
ハンセン氏病と終戦後の名残のある、さみしい時代を


足立美術館(1)
次に向かったのは、有名な「足立美術館」
足立区にすみながら、ここに行ったことがない(何の関係もありませんので)

いかにも、といった立派な日本庭園とお茶室
足立美術館茶室
横山大観の絵を始め、すばらしい日本画が並んでいて
好奇心は大満足でした
 かなり、俗っぽいけれど、親しみやすい絵と庭園でした

P1020407.jpg

今日はこのくらいで
旅はまだちょっとだけ続きます
スポンサーサイト
 [ 2012/08/20 21:07 ]  たびのそら | TB(0) | コメント(1)
30年ぐらい前にできた美術館であまり知らなかったのですが横山大観といえばこの美術館ですね。
そして日本一の日本庭園として最近は名高いですね。
安来に行ったときに清水寺(しみずでら)か足立美術館どちらを案内しましょうかと
聞かれ清水寺にしました。足立美術館見ておけばよかったと思っています。
[ 2012/08/20 21:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
こんにちは!
「シクラメンのかおり」は、団塊世代の方々との交流で作っていただいたブログ。自分自身は1970-80年代に青春を謳歌した(はずだった)世代です。まだまだ、遊びたい盛り、いろんな町に出かけてみたい。皆さんも同じでしょ。

FC2カウンター
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。