シクラメンのかおり

シクラメンのかおりのような、ほのかな情報を団塊世代そして同世代にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

枯木灘にいく

秋本番、旅の季節です
夏ごろに申し込んだ、この秋の旅先は「南紀、伊勢志摩」でしたが
9月の台風12号の影響で
和歌山県、奈良県にまたがる熊野古道周辺の地域が被災し、
予約していた宿もその地域にありました

パンダ列車
「くろしお5号」大阪から白浜まで、パンダと一緒
不安は、このパンダ列車が笑い飛ばしてくれました

白浜からは車で「枯木灘」といわれる海岸線を走りました

枯木灘
「すさみ」あたりの岩場
寒々しい雰囲気が、まさに枯木灘
さらに台風後に打ち上げられた木材などもあり
さびしく見えましたが




串本町には、明治のころにトルコ公使らが遭難し580人もの死者をだしたとき
村民が必死に救出に奔走し
それを機に取ることの友好が進んだという「トルコ記念館」があります

P1000565.jpg
記念館の隣、樫の埼灯台
そして南紀のシンボル、橋杭岩

橋杭岩


にっぽんの観光地、
少し前ならば、みんなが訪れたこの地
今回の旅は、昭和の時代の観光地巡りとなりました(つづく)

じつは、とってもあったかい、南の国でもありました
20111103155830.jpg





スポンサーサイト
 [ 2011/11/05 23:04 ]  たびのそら | TB(0) | コメント(2)
このルート…
憧れのルートのひとつです。
枯木灘はノーチェックでしたが
南方らしからぬ、まるで北陸の東尋坊を思わせるような風景ですね?名前もね?

パンダシートは笑いましたが
お宿・温泉の情報が…??
[ 2011/11/08 11:14 ] [ 編集 ]
如水さま
ほんと、木枯らし吹きすさぶような光景なのに
ぽかぽかでした
トルコ記念館のあたりは狭い岩場で、台風の日は
「まるで洗濯機のなかのよう」だったそうです
温泉は、❤目移りしそうでしたが
宿だけで楽しみました
[ 2011/11/12 10:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
こんにちは!
「シクラメンのかおり」は、団塊世代の方々との交流で作っていただいたブログ。自分自身は1970-80年代に青春を謳歌した(はずだった)世代です。まだまだ、遊びたい盛り、いろんな町に出かけてみたい。皆さんも同じでしょ。

FC2カウンター
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。