シクラメンのかおり

シクラメンのかおりのような、ほのかな情報を団塊世代そして同世代にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

筑波山に登る

10月10日、体育の日
溜まりにたまったストレスは
この日ぐらい、体を動かして発散させなきゃ

筑波山は、母の生まれた町のすぐ近く、
叔父おば、いとこなどは、よく登っていたように思います

小学生に上がるかどうかのころ、うっすら記憶に残っていることは…

と、とにかくキツい!
岩場が続き、足が上がらなくなって泣きだした、そんな
いや~な思い出があります

叔父におぶさって登ったのか、リタイアしたのかは
定かではありません

P1000521.jpg
こうして山頂の写真をみれば
ごつごつした岩を、四つん這いになって登ったことも
背中は汗びっしょりでげんなりしたことも
忘れそうになります
弁慶戻り
登山の途中に、突然でてきた大岩
「弁慶もどり」、弁慶も恐ろしがって戻りたくなるような岩、
この後にもいろいろな大岩が続きますが
なぜかパワーをもらえます

途中、「胎内くぐり」という、岩をくぐる場所があり
亡くなった母を思い出しました
母も、「筑波山はきつくてイヤだ」と言ってましたが
それでもこの山は、聖地だったはず
わたしは来年、母が亡くなった年に届きます

筑波山頂上

あ~。
きてよかった!

sarutan.jpg
おまけフォト
お気に入り、千住の「佐留丹」をもう一枚!
スポンサーサイト
 [ 2011/10/12 22:36 ]  たびのそら | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
こんにちは!
「シクラメンのかおり」は、団塊世代の方々との交流で作っていただいたブログ。自分自身は1970-80年代に青春を謳歌した(はずだった)世代です。まだまだ、遊びたい盛り、いろんな町に出かけてみたい。皆さんも同じでしょ。

FC2カウンター
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。