シクラメンのかおり

シクラメンのかおりのような、ほのかな情報を団塊世代そして同世代にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

京都変身旅行

突然、秋風が吹き出しました

長く、暑い夏でしたね
R0015835.jpg
京都では、ヒガンバナが咲き始めていますよ~
日本に、秋がきた

ホンの三週間ほど前、友人と「舞妓さん体験って、したことある?」
という話題になり。
経験者(芸妓さんだけど)である私は

「これ、一生に一度はやらないと後悔する」
と、さも貴重な体験であるかのように
語ったのです

ホントはトホホな経験でしたが…
カツラは合わないわ、おしろいを髪まではたかれるわ
緊張して怒った顔の写真しかないわ…

友人は「やりたい、ぜったぁい、やりたい!!」
、、まあ、言えばこうなるだろうとわかりきってはいたのですが
そうなりました

9月18.19日、
南紀では、台風による大変な被害が出ているというのに
我々は格安ツアーを見つけだし、
けっこういいホテルを予約し
着いた日すぐに目的を果たしました
大原三仙院
友人は西川峰子ふう(極道の妻たち、みたいな)
わたしは、よくいえば五月みどり、正直言えば天童よしみ
いずれにしても、迫力満点
残念ながらお姐さんの写真は、お出しすることができません(^_^;)

この夜は祇園をぶらぶらし、
食事どころを探します

一見さんお断りばかりだろうと
いままで入ったことのない、祇園。
敷居が高いイメージでしたが
でももうこの年になり、女二人ともなれば
怖いものナシ
それにしても今の祇園は、どこもメニューが外に掲示され
安心して入れるような雰囲気でした
20110918204510.jpg
選んだお店は「由良ノ介」
まだ創業130年だそうです
えっ!まだって、そんな4代目ってすごいじゃない?
忠臣蔵が大好きな創業者だってすぐわかる
良心的なお料理とお値段でした

翌日は、時間があまりないので大原一か所を観ることに
三千院苔の庭
雨の苔庭は、美しかったけれど
早々引き上げざるを得ませんでした
寂光院が放火にあい、再興されてはいましたが残念です
寂光院で
大原のお料理
ハイ、旅の最後の記念に、京のかご弁当
すっきりとおいしいお料理で、幕を下ろしました


スポンサーサイト
 [ 2011/09/25 16:54 ]  たびのそら | TB(0) | コメント(4)
由良ノ介さん
泉岳寺の御守りが飾ってあったり?

そうですか?
今は入りやすくなったのですね~
若かりし頃の痛い苦い経験を思い出します(笑)

大原の赤紫蘇は収穫終わっていた頃でしょうか? 遅かりし由良ノ介ってとこでしょうか? お後がよろしいようで♪
[ 2011/09/27 06:01 ] [ 編集 ]
こんにちは お久しぶりです
シクラメンさん きっとお忙しい方でしょうにいつも素敵な旅をしてますね
ここに来るといつも写真に見惚れています
「時間ができたら一人旅をするんだ~♪」が口癖の私ですが
「そんな風に言う人は実行できないの!する人は時間を作ってするの」って言われました
シクラメンさんは時間を作るのが上手な方なのでしょうね
秘湯の宿もお料理も京都の庭園も早く行かなきゃ足腰たたなくなりそう~^^;
[ 2011/10/07 20:16 ] [ 編集 ]
如水さんへ
さぼりがちでホントごめんなさい
如水さん、祇園で痛い目にあってたの?
いまならきっと、リベンジできますよ!
お酒復活したら、ぜひ行ってみてくださいね
[ 2011/10/09 23:22 ] [ 編集 ]
蛍さん、こんにちは❤
久しぶり、コメントありがとう
うれしかったです~!
そうそう、一日も早く「舞妓体験旅行」に
お出かけくださいね
おしろい塗っても、
くっきり皺は、隠せませんでした~
[ 2011/10/09 23:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
こんにちは!
「シクラメンのかおり」は、団塊世代の方々との交流で作っていただいたブログ。自分自身は1970-80年代に青春を謳歌した(はずだった)世代です。まだまだ、遊びたい盛り、いろんな町に出かけてみたい。皆さんも同じでしょ。

FC2カウンター
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。