上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
相模屋噴火中
ただ今、噴火中~~

お盆の翌週、まったく区切りの付いていない仕事を放り出し、
行ってきました。
日本の秘湯めぐりの旅、今回も福島から入って、奥土湯温泉に立ち寄り、
宮城県境の鎌先温泉に泊まり、
最後は新潟県越後長野温泉へ。
さらに大好きな松之山温泉にも立ち寄る、という
ハードかつ明確な、湯めぐりの旅をしてまいりました

相模露天
「日本秘湯を守る会」(朝日旅行)の旅館めぐりをしていると、
ときどき「秘湯」の定義がなんだったのか分からなります

秘湯、イコール一軒宿、というわけでもなく
福地温泉や松之山温泉のように「温泉街」を形成していたりするし

宿の指定に手を抜いているのでは?と思うほど
何件も「秘湯の宿」が続いていたりします

奥土湯温泉もそう、ちょっとだけ温泉のいいかたを変えているけれど
車で10分以内ぐらいのところにくっついている
そのうちの一軒「相模屋」がここ
このとおり、硫黄臭立ち込め、湯量豊富でとろっとした
素晴らしい~~お湯でした

足場の悪いところなのに、本当にお湯好きの人が集まる場所です
さあ、つぎ、どんどん行きましょう

最上屋外観
ここは「鎌先温泉 最上屋」
200年以上も続く、老舗旅館でした
東北復興をかけて、8月いっぱいは6000円(2食付)それも嬉しかった❤
古い、トイレなしのお部屋でしたが
旅の気分を高揚させてくれます(といっても、いつも古い宿ばかりですが)
最上やの家族ぶろ
船の形の「家族風呂」、露天はなく、大浴場というほどの大きさもないけれど
鉄分と硫黄で、ちょっとにがしょっぱい(飲めませんが)
これもまた、こってりとしたいいお湯でした

お湯は言うことナシですが、お天気が不安定で
スコールのような大雨と、すっきり晴れ間の繰り返し

今回は長距離のドライブ旅行になりました
目黒邸
新潟に入り、豪農の屋敷「目黒邸」を見学
次に生れてくるときは
このくらいの大富豪のむすめになりすまし
一日中広い庭を散歩し、読書し、昼寝し、
一生仕事しなくていいような人生を送りたい、と
夢を観ました

この旅の目的は、まえから行きたかった
「越後長野温泉嵐渓荘」です

ところがひと月ほどまえの集中豪雨によって、
嵐渓荘自慢のつり橋は流され、
露天はじめ、大浴場まで泥につかり、
澄んだ川の水も石垣も見えず、
嵐渓荘室内
素晴らしいはずの部屋からの眺めも
痛々しいものでした
でも、さっすが嵐渓荘
「地域のみなさんが応援してくれて、
泥をかき出したり板をはりなおしたり、
10日間休んだだけで再開できたのです」とのことでした
嵐渓荘外観
重厚な造りの建物は、瓦も落ちなくてよかった!
お湯もやさしく、濃く、言うことなし
嵐渓荘風呂
修復まもないコンクリートのにおいもまた、
嵐渓荘頑張ってる、というメッセージに感じられました

スタンプ帳3冊目が、半分まで来ました
3冊目は「大丸あすなろ荘」(秘湯の会の会長が経営する宿)と
ここ嵐渓荘が「また行きたい!」と思う宿でした
スポンサーサイト
2011.09.04 Sun l たびのそら l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

秘湯巡りも、おもしろそうで
地域を決めれば「日本秘湯めぐり」の宿
が自動的にきまりそうで迷わなくて良さそうな
感じを受けました。
福島、宮城。新潟の秘湯巡りで震災地の復興
に一役かったかっこうになりましたね。
2011.09.04 Sun l ぷらっとくん. URL l 編集
秘湯の定義…
おっしゃる通りです。
日本秘湯を守る会会員の宿、増えましたね。無秩序にね。
秘湯のイメージからすると
そんなに増えるわけないのですけどね?!
まぁいいか。あすなろ荘のご主人(会長)に叱られそうだ。

良い旅行でしたね。
東北復興支援の旅、着々と実行なさっていますね。
さすがの実行力です。
私も頑張らねば。
如水家は、3冊目リーチかかってます♪
2011.09.05 Mon l 如水. URL l 編集
如水さん、ごぶさたで~す
コメントありがとうございます
西日本の秘湯事情も、やっぱり、そう?!
秘湯の会スタンプ帳が魅力だから
文句は言えないのですが
もっともっと、秘湯の発掘をしてほしいです
また情報交換しましょう
2011.09.17 Sat l シクラメン. URL l 編集
ぷらっとくんさま
いつも自転車のぷらっとくんさんも、
どうぞ秘湯めぐりはお薦めします
まずは美人の宝庫、「松之山温泉」ですね
今年は、どこに行っても
地域応援旅行、みたいなかんじです
2011.09.17 Sat l シクラメン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/232-56fc0fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。