上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
考えてみれば、年末年始のお休み中
一回も千住を出ることがありませんでした
千住に帰ってきた

家族や、いろんな人に会いながら
全部千住の半径1.5キロで済ませてしまうとは(@_@;)

地域限定、引きこもり   自宅でのDVD鑑賞も…われながら、どうかと思うよ

さて、先週の3連休で観た「ジュリー&ジュリア」は、
女性、料理、人生のシンクロ、と
大好きな映画の3要素が揃っていて、大満足の作品でした

334915view001.jpg
この人、メリル・ストリープが、あられもない姿の鳥を抱え、お尻に詰め物をし
見てるだけでいいにおいがしそうなフレンチ家庭料理を披露する
それだけでも元気が出そうじゃないですか?
実話をもとに翻案した作品だそうです

1960年ごろのパリ、
アメリカ外交官の妻であるジュリアはなにか物足りない日々
何をやっても中途半端ながら、やっと打ち込めるものが「フランス料理」でした
プロ育成の「コルドン・ブルー」で学んではみたものの、
「アメリカ人向けに出版された、フランス家庭料理本はないの?」
という考えに行きあたります

ジュリアの夫は外交官とはいえ、戦争中は諜報活動もした人
戦争犯罪を問われ、要職から外されていく夫
ここからのジュリアの生活は、年々厳しいものになりますが
つらさを吹き飛ばすように「出版」に心を傾け、
遂に実現します

その約40年後、2002年の設定で、話が続きます

334915view003.jpg
911事件の後、政府職員として電話相談に当たるジュリー
彼女もまた、日々、いいらだちを抱えています
ADHD
何をやっても長続きしない彼女は
夫の「料理上手だから、ブログやったらどうよ?」という言葉に乗ってしまいます

ジュリアの出した
「王道のフランス料理=助手のいないキッチンでつくる」(?こんな感じのタイトル)
524のレシピを一年で作り上げる、というブログの目標を掲げます

R0014779.jpg
40年という時間をつなぐ展開と
おいしそうな料理
共感できる主人公たちの挑戦、挫折、また挑戦…

あらら、私の大好きな小物がもう一つ登場しています
りんごジャム
これは我が家の「ル・クルーゼ」、重たいホーロー鍋ですが
これが映画でも大活躍
煮物にしか使ったことがない私には
「これがオーブンに入っちゃうの?」とびっくりです

ひとつ不満だったのが、ブログの画面、文字しか出ないコト
写真付きブログだと、参考になるのに…

ちょっと散漫なご紹介になりましたが
お薦めの一本です


スポンサーサイト
2011.01.13 Thu l 映画つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/204-5845c91d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。