シクラメンのかおり

シクラメンのかおりのような、ほのかな情報を団塊世代そして同世代にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

帰省って言うか、小倉へ

群馬薬師温泉から帰途についた私は、
おばの法事のために小倉に向かいました

事故で上野で足止めをされ、乗り遅れそうになり
急きょ上野から新幹線で東京に行き(特急料金840円でした)
あわててのぞみに乗り換えます
旅から旅へ、なんて疲れるから、うちに帰りたいとおもったものの
「宿とったけ、前の晩からおいでてください」
といわれ、
夜の新幹線で約5時間
小倉に着いたのは深夜でした

北九州の親戚の法事は、なぜかいつも晩夏
残暑でむしむしと暑い印象があります

九州の玄関である門司、小倉がわたしの「いなか」(父方の実家があったところ)です

海とコンビナート


海とコンビナートと青い空、
そして門司港レトロ、なんて言われていますが
門司港駅がわたしのとっての「いなか」のシンボルです門司港駅

「ヨコハマでは、海からの工場めぐりが観光になってるみたいだよ」
といとこたちに言えば
「そ~ね?何がいいんかね~」と言葉が返ってきます
自分のところの良さって、わかんないんだね~

ステーションホテル
小倉ステーションホテルの朝ごはん
「ステーション・ホテル」という響きがなつかしいうえ
駅と一体になっていて便利です

法事でもなければなかなか会えないいとこもいて
「次に会うのは10年もあと、なんてやだよ~」
といいながら、再会を誓います
みんな年、とったねー

小倉日記
いつか読もうと思っていた、この本
帰りの新幹線のお楽しみです

「ヒコーキのほうが、便利じゃなかとね」
と、言われるのですが、
わたしは鉄道が大好き
特に、広島から小倉までの車窓は、ちょっとトンネルが多いけれど
ずーっと見ていても飽きません


1田園風景
赤い瓦の民家、田んぼ、ため池
細く蛇行した小川
あと2週間もすれば、
赤いヒガンバナが群れ咲くことでしょう

なだらかな山並みが続く、この田園風景!!
やさしく美しい、この国、日本に生まれたことを
しあわせに感じる瞬間です

小倉、山口、広島あたりまでの風景と
岡山以降の関西圏
さらには富士山文化圏と
風景は移り変わっていきます

乗客も移り変わり、
賑やかな関西弁のお姉さんたちが降りた後、
名古屋あたりからは無言のサラリーマンになります
車窓の写真も取りにくくなりました
富士山は雲に隠れて見えませんでした

田園風景2

この田園風景も、広島あたりのものです

もう一度言いたい!
この田園風景は、日本のたからもの❤

スポンサーサイト
 [ 2010/08/31 22:51 ]  たびのそら | TB(0) | コメント(4)
小倉
九州にも縁があったのですね。
小倉もよかとこ♪
これを読んでいたら、
数年前に門司のプールで泳いだことを思い出しました(笑)。
[ 2010/09/02 15:18 ] [ 編集 ]
九州に列車で行ったのは、もう40年前にもなりますが、
近々新幹線「さくら」が鹿児島まで直行する記事が
掲載されていましたが新幹線での九州への旅も
近いうちに実現したいですね。
[ 2010/09/02 20:59 ] [ 編集 ]
九州新幹線
ぷらっとくん様
 わたしもかれこれ40年ぐらい前までは
 列車「さくら」とか「あさかぜ」とかで
 門司に行っていました
 いつか、途中下車をいっぱいする
 ぷらっと旅行がしたいです
[ 2010/09/03 23:22 ] [ 編集 ]
門司のプールで泳ぐ
関さん、こんにちは
 門司の老松公園近くの市民プールには、たびたび行きましたが
 なんで関さんが、門司で
 プールに入らなきゃならないの??
 疑問です
[ 2010/09/03 23:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
こんにちは!
「シクラメンのかおり」は、団塊世代の方々との交流で作っていただいたブログ。自分自身は1970-80年代に青春を謳歌した(はずだった)世代です。まだまだ、遊びたい盛り、いろんな町に出かけてみたい。皆さんも同じでしょ。

FC2カウンター
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。