研修旅行に行ってきました
といっても、もう20年も昔に仕事で社員研修を担当していたころの
有志の旅行会 
かなり略して、研修旅行、です


はたご入口

研修のカリキュラムは
    1「日本酒のみくらべ」
    2「温泉(薬師温泉、秘湯です)効能実践」>
    3「古民家(お泊り)体験」
  そして視察 「やじうま的八ッ場ダムの現場を行く」
  最後の科目は 「団塊世代必須アイテム!そば打ち体験」  でした


メンバーのほとんどは退職していたり、団塊世代です
ひとくせもふたくせもある、超高性能頭脳集団
落ちこぼれ続けている私は
万年幹事です
  こんな社員研修、あったらいいな~
  社員のだれからも喜ばれるだろうな~
まさに、ドリーム企画!!
 
旅籠の部屋

 ここは群馬県、浅間隠山にある「薬師温泉旅籠」
 移築した萱ぶきの民家を活用し、
 ちょっとした時代箪笥のコレクションなどを展示しています
 温泉は、ぬるっとした透明でちょっと塩味がします
 滝見の露天が有名ですが
 ほかにもたくさんの内湯があります



 はたごのうさぎ
 食事はいろりを囲んで焼き物中心
 (写真は食事どころではなく、私の泊まったお部屋です)
 山の中なので「お刺身」は、ナシ。
 それでいいんですよ~

 宿の方たちは若手が多く「研修中」の名札が?!
 私たちとおんなじじゃない、とか何とか言って、絡んできました
 どの社員さんもきちんとあいさつ、会釈を忘れず
 これもまた気持ちよかったです
 ただ一つ

 電話した時に、「8月27日(にじゅうなのか)にお泊りですね」と!!
 こんな日本語はないので、ぜひ研修しなおしてほしいです
 でも「にじゅうなのか」といういいかた、聞いたのは、初めてじゃありませんで…
 いまどきの若いもんは、こうなんじゃろうか…
 
 とにかく、やどはおすすめです
 ほどほどに質素、適度に商業主、な感じ
 私は二度目、同行者もみな、また来たい、と言ってました
 吾妻渓谷鉄橋

さて、翌日は八ッ場ダムへタクシーで向かいました
写真は、現在の鉄橋、ダムに沈む予定です
最寄駅は「川原湯温泉」
ダムができると「新川原温泉駅」ができるらしく、
あまり改修していない様子です
川原湯温泉駅

どう歩いていいのか分からず「遊歩道」(ウソです、山道でした)をうろうろ

へー、白糸の滝か~
白糸の滝


国道にでたら、看板がありました

ハッ場ダム
ここまで歩いた地のすべてが、ダムの底
美しい深い渓谷も、ダムの底
発電するわけでもなく、治水のためだけのダム

でも、きっともう後戻りはないだろう
ここまで住民が協力をし、街並みを書き換え
道路とコンクリートの橋を整えてきたのだから…
というのが我々の感想でした

タクシーの運転手さんは、
「もし計画は変わるのならば、
古い温泉場と新しい温泉場をつなぐ
トロッコ列車でも走らせてくれるんだったらいいんですが…」と言ってました
この地の英雄、国定忠治は、なんと見てるでしょうか

さて、最後のカリキュラム「そば打ち」も大変おいしく出来上がり、
一行は満足して帰途につきました
そして無事、自宅に戻り、
ほっと一息、つくことができました…
私を除いては  (つづく)




 
スポンサーサイト
2010.08.30 Mon l たびのそら l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/189-24f0e5e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)