一年ほどまえに公開された、この映画
なんてきれいなシーンだろう、と思い続けたけれど
重たそうなので敬遠してました
332362view001.jpg
20歳以上も年の離れた男女の関係なんて
想像もつかないですが
「若い男の子の通過点」みたいな
ことではありませんでした

「あなた、朗読が上手ね」
「はじめて人にほめられた」
このあたりでギアチェンジ、完全に心を奪われていく少年マイケル



やがて法曹界にすすむマイケルは、
まだ戦犯裁判が続いていた、1958年のドイツの法廷で
彼女(ハンナ)と再会します
ハンナが心閉ざしていた秘密にふれた、
少年時代が蘇りながらも
踏み出せないもどかしさ…

さらに年を重ね、
美しかったハンナの老い姿は強烈!!

年齢も境遇もまったく違う世界だけれど
人の人生を変えてしまう恋愛もあるのだ、ということでしょうか
これもまた、観てよかった、と思える作品でした

スポンサーサイト
2010.08.14 Sat l 映画つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/187-905fc97a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)