上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
世間では
お盆休みを有意義に、のんびりと過ごされている
このころ
相変わらず仕事と介護と、
先週に借りたDVDで時間が埋まって行きます

かいじゅうたちのいるところ
今年初めに公開された、ちょっと地味めなチャイルド向け映画です
かいじゅうの武骨なかわいらしさに惹かれて観てみました

147315_1.jpg
主人公のマックスは、やんちゃ、ではおさまらない
お母さんも手に負えないアグレッシブな子ども

ひとりで遊ぶマックスのイライラに満ちた行動、
母親や姉との気持ちのすれ違い、から物語は始まります

母の恋人の存在をきっかけに、マックスの怒りは爆発!
いつのまにか、かいじゅうたちのいるまぼろしの島に漂流します

島ではかいじゅう(キャロル)がマックスさながら大暴れ
かいじゅうたちの家をぶちこわしたり
かいじゅうどうしの、はげしい言い争いは
マックスの見てきた日常を置き換えたみたい

マックスは、かいじゅうたちの王様になり
家を造り、かいじゅう家族を再生しようとこころみますが…

なんだかやるせない…
マックスやかいじゅうたちの
どう処理していいかわからないイライラや混沌は
おとなになっても続くもの

みずからおかあさんと家族のいる家に戻っていく
マックスのすがたに
いつの間にか混沌との付き合い方に慣れてくる自分たちが、
重なって見えます

「スタジオジブリ」とも違う独特の世界
評価の分かれる作品ですが、スキです
観てよかったと思ってます


スポンサーサイト
2010.08.14 Sat l 映画つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/186-debe4f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。