上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
映画つれづれ
旅もつれづれ

山形、秋田、宮城の3県がくっつき合っているあたり
秘湯めぐりの旅に出ました
もらった地図を見てみると

「細倉マインパーク  映画東京タワーロケ地」
ん?なになに?鉱山跡地??
近代産業遺産??
これは心をくすぐります

原作「オカンとボクと、時々オトン」(リリー・フランキー作)は、
第3回本屋大賞受賞
書店員が選んだ、一番売りたい本だそうです

炭鉱駅

坑夫たちが行き来する駅も
実は裏側はこうなっている、看板だけの駅です

炭鉱駅のウラ

鉱山跡が「細倉マインパーク」というテーマパークになっていて
石見銀山のように坑道が残されていました
細倉マインパーク


ロケ地かんばん1
消防団の詰め所は、いまは観光案内を兼ねた家でした

坑夫の家
坑夫たちの長屋がひしめく一角と
西島炭鉱の社員(上級職)の小ざっぱりした家々が
混在しています
ここは宮城県栗原市にある、細倉鉱業(株)の
実際に閉山するまで使っていた社宅です

映画の舞台は筑豊でしが、よくもまあ、ここまでぴったりする
ロケ地を見つけたもんだと感心します
長屋

細倉鉱業
いまも細倉鉱業は営業していて、
三菱マテリアルの関連会社として廃材リサイクルを
取り扱っているのだそうです

ここが東京タワー
映画は、、観た方、多いと思います
ロケ地に行ったあとで映画を見る、っていうの
面白いものでした
樹木希林が演じる母親(若いころの役は彼女の娘が演じています)と
天真爛漫なキャラクターと、
かなり重い、胸が苦しくなるような闘病シーンが
心に残る作品でした

が、考えてみると、こんなにもべたべたと
マザコンぶりを露出して、やんなっちゃうな~とも、感じます
そして学生時代
「わが子を東京の大学にやった」という
親の思いをあっさりとムダにした罪悪感
多かれ少なかれ、われわれ世代までは心当たりがある…

当たる映画、売れる本、泣けるシーン
ロケ地はもっともっと素朴で、
なつかしい街でした
最上町
スポンサーサイト
2010.07.03 Sat l 映画つれづれ l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

そろそろ~
ノスタルジックな光景、良い感じです。
そろそろ、私も旅に出ます。
さて、行く先は…(笑)?
2010.07.05 Mon l 関幸貴. URL l 編集
時々オトンが出てくる映画でしたね。
いい映画でしたので覚えています。
先ほど夕張を通りましたので、幸せの黄色いハンカチのロケ地に寄ろうかとも思いましたが、そのまま苫小牧まで来てしまいました。
炭鉱の跡地は、九州の軍艦島をはじめ郷愁を誘うせいか各地の跡地が話題になりますね。
2010.07.09 Fri l ぷらっとくん. URL l 編集
カメライターの関さんへ
ノスタルジックな旅
今度はどちらへいらっしゃるのでしょうか??
海のそと??
私は九州方面に、
また出かけたいです
2010.07.17 Sat l シクラメン. URL l 編集
ぷらっとくんさま
ぷらっと旅の途中からのコメント
ありがとうございました

この廃墟の感じがとても好きになったので
次なる旅のテーマにしたいなーと思ってます
ぷらっとくんさんはどんな旅に??
2010.07.17 Sat l シクラメン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/179-23d4f9a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。