ブロともの如水さんお勧めの
唐津の「小松酒造」からお取り寄せした日本酒
「万齢」が本日到着しました
さっそく「純米吟醸夏の生」「特別純米無ろ過生原酒」をいただくことに万齢

片口に取り分けたお酒がうっすら濁っているのがお分かりでしょうか
こちら「純米吟醸夏の生」
夏も終わってるので、早くいただかなくては
辛口とはいえ、もう一本の「無ろ過生」よりもやや甘めに感じられましたが
すごくおいしかったです

つまみはもやしと黄にらのおひたし、うにほたて
お料理はほかにたらとムール貝と野菜の蒸し煮
お酒とよく合い、久々に豊かな気分の食卓でした
小松酒造さんからはお手紙がついていて
1.2月の新酒もお勧めとのことでした
「解説」によると、
日本酒人気の低迷から平成7年、閉鎖を待つばかりだった造り酒屋に
長男がUターンし、本格修業を勤めあげ、酒蔵はV字回復
いまでは九州のコンクールでの入選は常連、輝かしい記録が
書かれておりました
おいしかったので、応援したい気持ちになります
【如水さん、ご紹介ありがとうございました!】
くわしくはここ↓
優しい時感
スポンサーサイト
2009.10.17 Sat l 仕事はほどほどに l コメント (3) トラックバック (0) l top

コメント

順番待ち?
「万齢」が届いたので、早速「万齢」をいただくのかと思って読み進むと「吟醸夏の生」「無ろ過生」を飲んでいるようでした。息子さんが帰ってきて家業を継ぎ商売も回復し親孝行の息子さんですね。
お酒に話が戻りますが、ワインもあるし。万齢も時期を見計らっての登場となりそうですね。それにしても親知らずは飲むのには平気なようで良かったですね。
2009.10.19 Mon l ぷらっとくん. URL l 編集
謹んで御礼申し上げます
「おいしかったので」とあり、ホッとしています。
小松さんは250石という、本当に小さな酒蔵ですが、大祐社長、奥様、蔵人さんたちは皆明るくて温かい人ばかりで、本当にファンになりますよ。

小松さんとシクラメンのかおりさん、シクラメンのかおりさんと私、私と小松さんが永くホットでいられたら、いつか一緒に盃を交わせますね。今回直接「万齢」をご購入いただいたので、だんだんそんな気がしてきました。

いろいろ嬉しくなるようなお言葉を頂戴して恐縮です。ありがとうございます。
実現させましょうね♪
2009.10.19 Mon l 如水. URL l 編集
ぷらっとくんさんの疑惑にこたえます
わたしがおいしくいただいたのは間違いなく「万齢」
そのうちの「吟醸夏の生」でした
全部で4種類を購入し、ふふっ、ひとつ一つ開けてます
夏の生はわずかに発泡してにごりもあり
お米のあじわいののこる逸品でした
秋の生も、冬のもいただきたいところです
言われてみれば、親知らずのことを忘れてまして…
あとがちょっと怖いです
2009.10.19 Mon l シクラメン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/128-e4e73076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)