昨日、土曜日はからだの定期メンテナンスのため
大学病院に行ってきました

順天堂の日比谷花壇

大学病院は重症患者さんも多い場所がら
建物の雰囲気が暗いと気分も沈みがち
この病院内にある
こーんな派手なディスプレイの日比谷花壇と、
山の上ホテル直営のレストランは明るくて居心地も良く
「入院生活も悪くはないな」と思わせます
これも病院のホスピタリティ?
季節はもうハロウィンなのですね

メンテナンスの検査だけで私はいたって元気です!
帰りに友人宅にお見舞いに寄り、千住の路地を歩きました
旭町の路地
ハイビスカスにはツマグロヒョウモンが吸蜜にきていて
東京の温暖化のカケラを見た気分(写真ではわかりませんね)
ツマグロヒョウモンとは??
茶色に黒っぽいヒョウ柄のチョウで
オスの前羽のはしがグレーの色が塗ってあるような
けっこうきれいなちょうちょです
かなり南方系ですが、最近ときどき見かけるようになりました
夜は、久しぶりに会う別の友人と…
大橋
看板には「千住で2番 大はし」と書かれています
焼酎ボトル(梅割りと氷つき)1280円と、年代物の煮込みが名物です
彦ちゃんという大旦那は、ひこにゃんとは似ても似つかない方で
70代だというのに外またでぐいぐい歩きまわり
「おーりゃっ、おーりゃっ」といいながら注文を取る、
この人そのものが「千住名物」です
(取材の多い店のため、写真はあまりとらせてもらえません)

もともと千住大橋のそばで、牛鍋やをやっていた、という話
店内には伊藤晴雨という風俗画家の描いた
「千住十題」のコピーが並んでいます
千住十題とは。日光街道、下妻街道、水戸街道、の起点でもあった千住、
いろんな言い伝えが残っています
かつて水戸光圀公がひと休みし槍をかけ置いた「やりかけの松」だとか
そのようないわれを描いた十点の挿絵ふうの絵画です
本物は区立博物館にありますが、もともと大はしの持ち物です

さてその伊藤晴雨とは?  
私にはとても語ることができません
昭和三十年代にはこのあたりにアトリエを構えていたらしく、
モデルさんと連れだってここ大はしによく立ち寄ったそうで
まだ十代だった彦さんはその、あやしげなスケッチメモをちらちらと
見ては目をそらしていたらしいです…
千住には、こんな不可解な話がいっぱいです

ところで「千住で二番」じゃ、一番はどこ??
これを聞くために、大はしを訪れようという方のために
答えはお教えしないことにします








スポンサーサイト
2009.10.04 Sun l たびのそら l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

酒呑みの性分を…
くすぐるお店ですね。
近くにあれば今夜行きたいお店です。

福岡へ戻って、はや11年。
東京が懐かしく思い出されます。
シクラメンのかおりさんが伝えてくれる千住や他の地を、あの頃とは違う、今の感性で訪れたいものです。

たくさん記事あげてくださいね。
2009.10.05 Mon l 如水. URL l 編集
のんべえのまち
如水さん、
11年前に比べると、東京は
格差が広がっていると感じるかもしれません
でも千住は、あいも変わらず元気なまちです
もともとセレブじゃないから…?
それにのんベえが集まるまちだから?
がんばって記事アップします
2009.10.05 Mon l シクラメン. URL l 編集
テリトリー?
ツマグロヒョウモン
最近ブログで時々登場するので覚えました。一般名称の蝶々と一括りにせずに皆さん正式にツマグロヒョウモンと名を調べて知っているのに驚きです。
http://blog.livedoor.jp/arakawasanpo/archives/844919.html
大はしは構えが結構立派なので、初めてお店に入る時にはそれなりの気になりますね、一度行くともう一度行きたくなりますが、何時も行列で今日は此処に入ろうとその面は大変ですね。
蝶々、大はしなどテリトリー外のことも色々詳しく知っているのに感心します。
2009.10.07 Wed l ぷらっとくん. URL l 編集
チョウはわたしのテリトリー♪♪
ぷらっとくんさま、
チョウも大はしも、しっかりと私のテリトリーなんです!
山手線ゲーム「蝶のなまえ編」では
勝負にならないという自信があります
(つまりオタクでした…)
2009.10.10 Sat l シクラメン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/124-cb637c28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)