上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
岐阜はとっても大きな県で、美濃と飛騨では文化が違うのでしょうか?
移動には時間とお金がかかりました
そのおかげもあって、いろいろお買い物ができなくなった、
というのも事実です

下呂温泉のかやぶき
下呂温泉は通過点でしたので、かやぶきの里だけ立ち寄ってみました
しらさぎ座、という影絵劇団が、かやぶきの家屋で上演中

飛騨小坂という駅から車で30分ぐらいのところにある
湯屋温泉「泉岳館」に投宿しました
泉岳館(1)
露天風呂、夜はろうそくの灯りがともります

内風呂
この内湯はよかったです
右の小さい湯船にはいると、源泉を加温した湯が体に沁みてくる感じ
左の湯船でゆったりと時間がたつのを楽しむのもよかったです
泉岳館お料理
お料理、このほかにもマツタケの土瓶蒸しや飛騨牛ステーキが並び、お~いしい
ステーキは写真を撮るのも忘れて一気に食べてしまいました
ここ泉岳館は、秘湯の宿の割にはお高い(23000円)ほうでしたが
このお料理ならまあまあかな
飲泉できます
一番のごちそうはこれかも
源泉は16度で飲泉できます
炭酸がしゅわっと口の中ではじけます

スポンサーサイト
2009.09.27 Sun l たびのそら l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

炭酸泉なのですか?
赤茶の泉出口が、大分・長湯温泉を思い出させてくれます。
炭酸泉は本当に疲れがとれる、いい泉質です。
ここもそうなのでしょ?

この辺はだいたい高い!
でもシクラメンのかおりさんがOK出されているので、たぶん良い評価だったのでしょうね♪

戦国時代は飛騨と美濃は大きな壁がありましたね。
その名残でしょうか?
2009.09.30 Wed l 如水です. URL l 編集
炭酸泉でした
このお水がおいしかったことは、間違いありません!
炭酸泉が疲れが取れるとは、知りませんでしたが
ところで飛騨と美濃の違い、詳しくはありませんが
昔の大河ドラマで「美濃の斉藤道三」がとても印象的でした
飛騨のほうが雛びているイメージですね、
ああ野麦峠、の印象も強いのかもしれません
2009.09.30 Wed l シクラメン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/122-f9ee87df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。