近江八幡を見た後長浜に1泊し、高月、木ノ本の観音めぐりをし、二泊目は若狭三方五湖の水明湖畔に立つ「虹岳島温泉(こがしまおんせん)」に。太い梁の重厚な造り、食事もきときとのお魚メインですばらしい宿でした。秘湯の宿といいながら結構にぎわっていて、お風呂場もにぎやかでした。部屋に入るなり、ベランダを浴衣がけのおじいさんが歩いていてびっくり。先方も照れてました。食事どころで会うと、ちょこっと徘徊が始まったかのような様子、息子さんがしきりに恐縮してました。虹岳島温泉

部屋には「思い出日記」みたいなのがあって読んでみると、ほとんどが「のんびりできていい旅でした」なのに一人だけこんなのが。
「のんびりなんて性に合わない私、今朝は姫路から出発、丹波篠山で友人と蕎麦を食う。明日は恵那で別の友人と蕎麦を食い、長野によって(この人また蕎麦を食うのか?!)箱根まで帰る」箱根の手打ち蕎麦屋さんでした。私も蕎麦は大好きだけど、一日2回はやだな。そういえばこの旅行、昼食は「きつねうどん2連食!」月影兵庫の影響です、これは。
最後に三方五湖にかかる雲を。
三方の雲

スポンサーサイト
2007.11.13 Tue l たびのそら l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/12-8b7dbaa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)