上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 近江八幡と五個荘の町並み、国宝の十一面観音が見たくて、琵琶湖から若狭湾に行ってきました。あんまり進んでない仕事のプレッシャーもあったけれど、朝6時に家を出ると同時にそんな心配ごとは消えてました。
 近江八幡は期待以上。近江商人の瀟洒な町並みかなと思っていたら、こぎれいなまちにただよう生活臭、三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし、その土地の利益になる商いをせよ、ということらしい)を感じる、どこか質素なたたずまい、そしてヴォーリズという明治の建築家(御茶ノ水の山の上ホテルなども作っている、そしてメンソレータムの創始者でもある)の洋館もよかったあ。暮らしてみたい街でした。
 この旅行では、北国街道、(通称)朝鮮人街道・京街道など、若狭では鯖街道を歩きました。
 写真の取り込み方がよくわからないので、まずは時代劇のロケによく使われる八幡掘を見てください。
八幡掘

八幡掘2

スポンサーサイト
2007.11.09 Fri l たびのそら l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/11-a9182db4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。