最近、ブログについ書きたくなってしまうネタが、
失われていく若さと、体力の爆発的な後退

月曜日の夕方には、「あ~、まだ月曜日か…」とつぶやき、
周囲の職員(部下か?)にも笑われてます

ほぼ毎月通っている美容院で、オーナーの奥様から聞く話が
わたしの唯一の美容情報源です

ここのオーナーについては、「千住の気分屋3人男」をご覧ください↓
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/blog-entry-276.html
で、この気分屋オーナーさんの様子が、少しおかしい
ほかのお客さんに、「ね~、私の感じ、変わったと思いませんか?」と
カマをかけています(美容院なので、ちょっとおねえ言葉なのです)

いつも通り、どこで買ったのだろう?と思うような、
ハデな原色のTシャツピンクのパンツ
美容師とは思えないような、ぼっさぼさの頭、
ん?あたま…
ほんとだ、もじゃもじゃだ
先月、来た時にはたしかに透けてみえていたのに、
けっこう、密集してきています、どうしたの?
images.jpg

「先月からね、新しい毛はえぐすり、養毛剤っていうの使ってんの」
「自分でもハッキリわかるんですよ、1か月で変わってきてるんだから…」

聞いてみると、出入りの業者さんから勧められて、
店で販売する前に自分で使おうと思ったとか

「やまなか教授に感謝だね~、ips細胞の技術を使ってるから、
本当に毛根から毛がよみがえってくるんだって、」
さらに聞けば、19000円でボトル3本、3か月使えるのだそうですが、
まだこのお店では販売しておらず、予約でした

「私、次に来るときまでに欲しいから、頼むわ~
お金はその時でいい?」なんていうお客さんがいて
つい私も考えようかな、と思ったそのとき、
それを察知した奥さんが言いました
「シクラメンさんはまだいいの、まだ早いのよ」と (^^♪

思い返せば、この美容院で進められて購入した
「噴射式美容液」一式4万円は、私には使い方が難しく
1年以上、ほこりをかぶったまま放置しています
「格安!コラーゲン原液のジェル」っていうのも、買ったな~
この失敗に学ばなければ…
と思いとどまったのでした、が、奥さんの話はまだ続きます

「この種の(育毛)美容液は、どんどん良くなっているから、
 薄毛に悩むこともなくなるでしょうね。」
「レディス*****なんて、つけることないよ、
あれは洗髪しなきゃいけないから2組必要で、60万円だよ
それに地毛は伸びるけど*****は、ズレちゃうんだよね、やめたほうがいいよ」と、オーナー
この話題は延々と続いていくのでした

美容院だけに説得力のある話し!
ips細胞の効用が、ここ北千住で熱く語られてるなんて、
山中教授も驚かれることでしょう、きっと
P1080603.jpg

スポンサーサイト
2015.05.30 Sat l 千住 小風景 l コメント (0) トラックバック (0) l top
足立区西保木間で、昭和14年に建築された自宅を
住み開きしている、平田茂さん

仕事人間から地域暮らしに軸足を移して
有り余るエネルギーを地域のために、と暮らしを転換された方です

住み開きとは、自宅を開放していくこと、
平田邸は、昭和建物の意匠の美しさを伝えながら、
当時のくらしに思いをはせ、自分の時間をつくる空間を提供してくれました
平田邸(1)

現在は不具合箇所に手を入れて、国指定登録文化財となっています

ときには、「縁側カフェ」に
平田さんもコーヒーにこだわりがあり、
私とコーヒーのサードウェイブ談義をしてくださった方でもあります

この写真の奥の和室には、
インド更紗風のすばらしい唐紙がしつらえられています
もともと子ども部屋だったとか

初めて平田邸に伺ったときに、一目ぼれしたネコたち
平田邸(2)

昭和初期に建てられた文化住宅は、
すこし前までは千住にもいくつもありました
今もある「板垣邸」、
小さな歯科をやっていた●●邸もまだ健在です

玄関わきにある洋館で、まずはお客さまを迎える構造
昭和の家(1)

建物の意匠や庭の草花を眺めながら過ごすひと時もいいのですが
平田さんのゆったりとした、だれにも警戒心を抱かせない物腰や、
穏やかでウィットにとんだお話が面白くって、また足を運びたくなるのです

DSC_0429.jpg

あだちケーブルテレビの映像↓をご覧いただくと
すごい雪国のように思えますが、東京都足立区です、まちがいなく
私の住んでいる北千住は、こんなに雪は降り積もりませんけどね
(って、そんなことはありません)

2015.05.23 Sat l 団塊ウォッチャーとして生きる l コメント (2) トラックバック (0) l top
エステサロン、というと
加齢と戦い、若いころの自分と遜色ない美しさ(?)を追求する、というイメージ
たるんできた下あごのあたりを何とかしよう、と思って、去年
敷居の高~いサロンに入りました
しくみは料金先払いのチケット購入制、みたいなもの
昨年末のボーナス前だったこと、
私の心のスキを突くタイミングでした

イメージと違っていたのは、かなり痛いこと、
フェイスリストもおなか揉みだしも、涙が出そうに痛い
だから足も遠のいていく…
当然、数値目標もない自分には
あごのたるみもおなか回りの脂肪も
どうにも効果ナシでした

けれども、
肩こり、顔や足のむくみ、といった全身のメンテナンスには
効果てきめんでした
DSC_0419.jpg
4月以降、休日のお食事会や、休前日の小宴会が続き
とっても楽しくて疲れる気分
お判りでしょうか、いた(痛)気持ちいい、みたいな、楽し疲れ、な感じ
昨日の土曜日、前の日の夜更かしがたたって
意識がもうろうとして、朝から使いものにならない自分が居た…
(いつも、たいして使い物にはなっていないが、この日は特に、ということ)
忘れていた、エステサロンに行く、という行為こそ、
こんな時にはぴったりカモ、と気づきました

「今日午後、あいてますか?」とマッサージに行くように申し込みをします
岩盤浴にボディマッサージとフェイスリフトのフルコース
エステ前後では体重は200グラムしか減らなかったけれど
体脂肪はぐっと落ちたうえに
鼠径リンパの滞りや足腰のどよーんとした感じが消えて
スッキリ軽くなりました
私にとっては、こぎれいなマッサージサロンで
指圧やリラクゼーションを受けている感じ
昔はたっくさんいた地域のあんまさん、指圧治療の人たちに
代わる存在になっているのかも

つい先日の同期女子会では、
「昨年度最大の後悔は、エステに行ってしまったことだ!」と豪語しましたが
「ほんと、エステに感謝だわ~」と、訂正いたします

DSC_0418.jpg
かしこい路傍のオウルさまに、聞きたいことがあるんです
働いているうちは、少し後悔しても、お金遣ってもいいのでしょうか
例えばエステとか、例えばマイセンとか…
それとも、ただお金をどぶに捨ててるだけ、ってことでしょうか
2015.05.17 Sun l 仕事はほどほどに l コメント (0) トラックバック (0) l top
GWの旅の初日、初めて原爆ドームに行きました
戦後70年、よく頑張って残っているな
テレビで見慣れたドーム、初対面ですP1090243.jpg
原爆投下で20万人が亡くなり、その後も多くの人が後遺症に悩む日々が続いた恐ろしさ
今では私のような者や多くの外国人客が訪れる観光地になっていました
平和公園近くのホテルに泊まり、早朝からドームまで散歩ができました
ホテルの朝食の食堂、なぜかまとまったエリアに外国人(欧米系)だけが60人ほど固まっていて
「ここは日本人と外国人が分かれて座るルールなのか?」と、
つい聞いてしまうほどでした
平和記念公園での重い気分を感じながら、そのあとに
宮島、厳島神社に行って心を清める、というコースが正解のようです
P1090309.jpg
平清盛と、歴史を継いだ人々の営み、
とにかく美しい朱塗りの木組み
P1090265.jpg

そして、干潮時は歩いてくぐることができる大鳥居も
夕ぐれにはこのとおり、P1090343.jpg
心が洗われるような景色を堪能しました

翌日は、呉市大和ミュージアムへ
P1090405.jpg
ゼロ戦を抱いた、戦艦ヤマトの大きな模型
ここでもまた、戦争の残した遺物について
考えさせられましたが、
さすがに欧米系の旅行者は、いなかったな~
P1090382.jpg
GWは、見どころも夜遊びも充実した旅で
あっという間に終わってしまいました
あ~あ
五月病って、わかる気がするな…
2015.05.11 Mon l たびのそら l コメント (0) トラックバック (0) l top
しまなみ海道は、サイクリングの聖地?っていうぐらい
たくさんのひとが自転車で橋をわたっていました
写真の自転車に乗ったクマは「みかん」という
しまなみ海道のキャラクターだそうです
多々良大橋
私は泊まったのは、生口島
ここは平山郁夫の生家と美術館があり
耕三寺という、昭和になって建てられた寺院があります

耕三寺
耕三寺は、日光の陽明門を模した「孝養門」や、
法隆寺の夢殿を模した六角堂などもあり
篤志家であった創設者の(ミーハーともいえる)志が伝わってきます
生口島島ごと美術館
静かだけど見どころはたくさんあり、
島じゅう美術館、ということらしく、あちこちにモニュメントが
写真の向こうに見える、メガネのようなものもその一つです

翌日は道後温泉に移動しましたが
道後温泉本館はすごい人で、一時間待ち
入浴は断念し
そのかわり

松山2番町のマジックバー
松山二番町のマジックバーで、
とっても楽しいひと時を過ごしました
大学生のアルバイトらしいバーテンさんが
実家の仏壇から持ってきた、というリンを鳴らすと
カラだったはずの鉢にはキャンディーが…
タネもしかけもあるんでしょうけれど、
やっぱり、夜遊びは楽しいね~
2015.05.09 Sat l たびのそら l コメント (0) トラックバック (0) l top
ゴールデンウィークです
日本中、どこに行っても気候は最高だし、
花は咲いてるし、
 人もいっぱい、旅費は高い、
でも出かけたくなるGWです

ことしのGW旅は、広島、愛媛に行ってきました
食べ過ぎて、自分史上最重量記録を更新しました
それはそれとして、
広島市→しまなみ海道→松山→竹原市の旅
竹原の街並み
私も泣いた朝ドラ、マッサンの故郷、竹原市は、
伝統的重要建造物群指定の、美しい街並みが残るところでした
10年近く前から、重伝建めぐりをしていますが
「尾道、鞆の浦、竹原」をセットで歩く予定が尾道、鞆の浦どまりで
行きそびれているうちに、マッサンのブームで、すごいことになっていました
酒造竹鶴
造り酒屋のかっこいい玄関は
人、人、人で写真がうまく撮れません
竹鶴酒造入口
入り口にはひっそりと花が飾られていて、地味なかんじ
このブームに、酒造自身が驚かれているように感じました
店内の試飲はできませんでしたが、
街なかでお祭りがあって、3種の試飲をたしなみました
竹原の犬猫
少し路地を入ったところでは、
この町で一番偉いネコに、ちょっかい出そうとしている犬に遭遇、
飼い主さんから「やめておけ、引っかかれるよ~」
こっち(ワン)は友好的でも、相手はそうでもない、ってこと
あるある、私の日常でもね
竹原もレモンの里
瀬戸内、竹原は海産物も、商業も、レモンのような農業も豊かな土地のようで
この街並みだけでなく、内陸のほうの家々も、立派な赤い屋根瓦の構えでした
重伝建の街並み、昨年は奈良の今井町に行きましたが
この竹原のような人出はなく、
ひっそりとしていました
人が来ることを、街並みも喜んでいるはず
観られていると、美しくなるっていうから
2015.05.05 Tue l たびのそら l コメント (0) トラックバック (0) l top