近年のお正月行事といえば、
千寿七福神めぐり→今年は、パスでした
北千住ぷらぷら街歩き
そして、浅草演芸ホールでの初笑い

DSC_0303.jpg
お正月は顔見世興行で、笑点の現・旧メンバーがそろい、
にぎやかな出し物でした
じっくり落語を味わうわけではなければ
お奨めです
私が行った3日は、正蔵さん、馬風さんなどが大喝采でしたが、
浅草演芸ホールではよくかかっている、
すず風にゃん子、金魚さんも大好きで、
昭和のにおいがするドタバタコメディがいいんです
にゃん子さんのHPです→http://nyankoweb.fc2web.com/prof.html
でも金魚ちゃんが暴れまくる姿には、「笑ってはいけない…」
と感じる何かがあるのです
よく芸人さんの親が、「わが子が笑われてる…」と複雑な思いを抱くのと同じで、
でも大笑いしてしまうんですけどね

そして北千住の街歩き、今年もお店めぐりは続けてます
DSC_0307.jpg
タイ料理、ライカノ
孤独のグルメ2孤独のグルメ、北千住編にも登場した名店は、
今年も健在、繁盛してました
開店間もないころから、30年ちかく通っていますが、
刺激がほしいときや、何かの節目の小宴会にもぴったりです

昨年は、鳥真の閉店につづき、
ほぼ毎日通っていた八百屋さんまでが店じまいをし
寂しい年末でしたが
まだまだ元気な名店を訪ねて、今年もあるきまわろう!と決意しました
スポンサーサイト
2015.01.11 Sun l 千住 小風景 l コメント (2) トラックバック (0) l top
あけましておめでとうございます

自分のちょっと先輩に、とてつもない香港フリークが二人います
10年ぐらい前から毎年,
家族を顧みず、
一人で香港をふらつくことが習慣となっているその方々は、
いかに香港が、住みやすく安定してリッチで
ちょっと猥雑だが怖くない、と喧伝し続けました
これに洗脳された私は2013年の暮れ、香港に行くことにしました

P1060514.jpg
そうそう、イメージどおりのこんな町。
看板がせり出していて、原色で。
怪しげな市場がたくさんあるけど、
旅行ガイドの約束事を守り、
流れに乗ってしまえばとっても楽しい!
ただ、日本語はもちろん英語もあまりよく通じないので
無駄なお買い物をさせられるかもしれません。
ちなみに私は、花文字の額購入は◎でしたが、
墨絵の風景画は、帰宅後飾るところがなくて後悔しました。
P1060530.jpg
私が宿泊したのは九龍というところでしたが、観光地っぽい感じ。
香港島のほうが英国文化と庶民の暮らしが混在していて
金融街にも圧倒される、不思議な町でした。
食べ物はどれもおいしいのですが、
ホテルで食べたイタリアンは、もうまずくてまずくて
厨房に入って、自分で作りたくなるほどひどかった。
P1060544.jpg
こんな路地沿いにある、おいしい中華料理を食べていればOK。

テレサ・テンの最後の傑作、「香港HONG・KONG」は大好きな曲、
カラオケの背景に流れる風景を探しました。
P1060388.jpg
ビクトリア・ピークの獅子亭。
ここでテレサは、おじさん観光客に囲まれて、一緒に写真を撮っていたのね
(詳しくはカラオケでご覧下さい)。
昼の景色も夜景も、スモッグのせいか、視界は良くありません。
P1060457.jpg
何を祈っているのでしょうか。
家族で寺院にお参りするのは私たちも同じです。

昨秋に始まった、学生たちのデモに抗議活動。
この時の旅で何度も通った幹線道路や繁華街が、
静かに、人垣で埋め尽くされ、占拠されていたのでした。
英国統治には直面しなかった自治のあり方に対して、
若い人たちが真剣に向き合っている姿をテレビを通して見ながら、
新しいHONG・KONGの行方を案じています。
テレサもきっと…。
2015.01.02 Fri l たびのそら l コメント (2) トラックバック (0) l top