あいかわらず、週に5回ぐらいおばあちゃんのホームに通っています

10人のユニット式の部屋では、長期入院の方がいると
ベッドを利用してショートステイの方が入ります

今日は、初めてあうおばあちゃんが、ユニットのキッチンで洗い物をしてました
(いつもはわたしの仕事なのに!)と思って注目してると
そのおばあちゃん、私の隣に座りました

祖母とおばあちゃんの間に挟まれて、
祖母の手をさすりおばあちゃんの話に相槌をうち
忙しいひと時

「おれは大槌町だが、釜石にもいた気がすんな」
「釜石で生まれて大槌に住んでんだ」

(津波で家が流されたんでしょ?)と、主任のまつのさん

「流されてないよ~、流される前に逃げたんだ~」
「今日は遅いから、ここに泊めてもらうかな、金はないんだがな」

92歳だというこのおばあちゃんは
被災して大槌町から来ていたのでした

20120731191858.jpg

なんだか支離滅裂なことを言いながらも
一生懸命記憶をたどろうとしているようす

「やだね~、ボケた年寄りはな~、
 13月だっての、わっけわっかんないよ~
 ばかにすんでねえ、っての~」

 なんか、ぜっんぜんわかんない。
わけわかんないのはこっちですよ

「大槌って、いいとこでしょ、
 山も海もあるんでしょ?」
「あ、確かに山も海もあるわな、いいとこだな、食べ物もうんとうまいな」


断片的に津波の記憶があり、釜石での生活があり
大槌町の風景があり
「ここはどこだ?とうきょう?ちがうだろよ~、盛岡か?」
 たしかに、東京じゃないみたいな「北千住」ではあります


「やだな~13月だっつの」?? なに?13月って
ありもしないこと言って、ボケてるって意味でしょうか??

なぜか楽しくって、せつなくって可愛くって…

 何時間か前、
「おまえなあ、いいかげんにしろよ」と、すごまれた
 今日のつらい仕事も忘れたひとときでした

目黒邸

スポンサーサイト
2012.07.31 Tue l ホーム日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ことしも暑い夏旅行の季節到来!

ここ数年続いている、かつての職場の先輩たちとの旅行会は

いつもうだるような暑さの中、

どこにいっても「暑いね~」で始まります

上野で集合して、新幹線で新白河へ
そこから迎えのマイクロバスで、またまた秘湯の宿「大丸あすなろ荘」へ行きました

P1020251.jpg

ここの自慢の自噴泉岩風呂は、44度と暑すぎて入れません
これまでは雪の季節に来ていたので、はいれたのですが

あすなろ荘 子宝の湯
女性露天風呂「子宝の湯」
新緑がまぶしく、いつまでも入っていたいお湯です
川のほうをみていると、あらやだ、男性がこっちに向かってくる

わがメンバーではもちろんありません!
あわてて湯船に身を沈めました

P1020260.jpg
山の幸が並ぶ夕食ですが、ビールは、なし
すでに湯上りビールで、出来上がっている私たちでした


翌日は「、イステリーツアー」とか言って
永久幹事のわたしは、ブリティッシュヒルズに
皆さんを引きずり込み、英会話研修!

ヒルズのシンボル


領主の城を模したマナーハウスの中を一周する
解説付きツアーに参加、ただし日本語です

領主の部屋

なんど来ても、すごい、調度品
家具はマホガニー、天井はウェッジウッド、カーペットも超一流
ここは領主の執務室と、ベッドルーム続きの部屋です


メインダイニング
解説はともかく、
ちょうどロンドンオリンピックの初日でしたので
ブリティッシュ気分に浸りながら
オリンピックグッズを孫のお土産にしたり
パブでビールをいただいたり、

来年もこの旅行会で会おう!とそれぞれ帰途につきました


2012.07.30 Mon l たびのそら l コメント (1) トラックバック (0) l top
今月15日、16日と、箱根に行ってきました
北千住から箱根湯本まで、直行できる「青いロマンスカー」があるので便利になりました

この日は海の日らしからぬ、曇天もよう
歩きまわるにはちょうどいい気候ではありましたが

P1020201.jpg

登山鉄道、ケーブル、ロープウェイ、
どこに行っても芦ノ湖も富士山も、全く見えません
大涌谷の寒かったこと!
黒卵だけじゃなく、黒いラーメンまで食べてしまいました

泊まりは仙石原にある、会員制の別荘型ホテル
低価格で体験利用ができるというので、行ってみました

2時間近く、会員の勧誘をされ、夜の時間も翌朝も
宿の中ではどうしても「会員になるかどうか」
もっといえば
「どう言えば断われるか」、もっぱらこればっかり考えてました
大家族で集まったり、ペット同行の旅行や、
一か所でゆったりと過ごすことが好きならば
割安感のある仕組みでしたが
私のように、いろいろな所に出かけていくものには不向きでした

旅の空のした、2時間も電卓たたいてるとは!!
ま、寒くて雨も降っているからいいけれど…


P1020184.jpg

翌日は、箱根ラリック美術館にゆきました

P1020193.jpg

どうも「ガラス美術だけでは物足りない」というわけで
久しぶりに、リニューアルしたマイセン美術館に行ってしまい

ここから先は、お話できない展開に

ブランドも、ヒカリモノもほしいと思うことのない私なのに
焼き物となると、どうしてこうも、欲が深くなってしまうのか
落ち込みながらも、よろこびに震える自分がいました

最近は、ヒカリモノにも欲が出てきていますが…

「マイセンのお皿は、これが最初で最後にします」と
宣言して、旅は終わりました

いつか気持ちよく、詳細をお話しできる日がくるといいです★∬
2012.07.22 Sun l たびのそら l コメント (1) トラックバック (0) l top
今日、ひさびさに一時間、仕事について話をしました

親しくしている仕事仲間の、女性ばかりの集団を対象に
改めて「これまでの仕事の経験から、
わたしたちが体験してないことを教えて!」と
頼まれました

話の内容はお恥ずかしくって言えませんが
仕事の失敗談、地域の方々に怒られっぱなしだったこと

集金先で、
なぞの美女が数十万をさっぱりと払ってくれ
「どうしてこんなつまらん男に、こんな美女が貢ぐのか?」と
疑問に思ったこと、

クレーマー氏に出会ってしまって
土下座させられそうになったこと

どんなエピソードを話そうか、棚卸すると
出てくる、出てくる。語り足らないほどでした

15年ぐらいまえ、元旦に、職場のワープロ「文豪」を家に持ち込んで仕事していると、ふっと
「あ、仕事、やめようかな~」とつぶやいたこと、
すぐその後、「うそだ、やっぱり仕事がなくてはつまらない」と
持ちこたえたこと

R0012166.jpg

こうやって見ると
ほんと、失敗の連続でした

こんなつまらない話しばかりですが
「フェミニストカウンセリング」「クレーマー対応の基本」
「マネジメントのいくつかの法則」をお話したつもりです

こんな機会をいただいて、よかった!
研修インストラクターをやっていたころを思い出し
立ちっぱなしの一時間も全然苦にならないのでした

 ※後日談ですが、この話を聞いてくれた人から
  「泣けました!私だけじゃなく、何人も泣いてましたよ」といわれ
  驚いてしまいました
  そんな意地の悪いこと、話したかな~

2012.07.18 Wed l 仕事はほどほどに l コメント (0) トラックバック (0) l top
悲しいことに、
またブログをさぼっていたので
スポンサーサイトが出る直前でありました

「最近更新がないから、どうしてるの?って思った」

わたしも、自分が「どうなっちゃったの?」と思うくらい
仕事と家の往復ばかりで、祖母との時間も短くなっておりました
もう、ストレスたまってるよ~(後述…)

6月の千住
そうこうしているうちに
千住もすっかり若者の街になっていたみたいです

路上ライブは以前からあったのですが、
この4月に東京電機大学が移転してきたものだから
いっそういろんな若者が
往来するようになった気がします
抜けるような、梅雨の合間の青空がすきです、が…


20120617170209_20120708230609.jpg
わかりますでしょうか??
この、くたびれ感と若者を結びつけるのが
東京電機大学、(って書いてあるたてもの)
北千住は、まだこれから、もっと変わっていくのでしょうか


20120708180507.jpg

駅からは少し離れた、祖母の施設に向かう路地
ここにも、カメラを担いだ若者が多くなってきました
開き店舗の目立つ商店街に、
エンゼルトランペットが今年も咲きました

わたしの近況をお知らせしますと
職場が変わったストレスが、かなり凝り固まって3カ月たち
わずかな自由時間を「海外ミステリーTV」
「ジュエリーショップチャンネル」などで
無駄に過ごし
その間、一生懸命同窓会に参加し

とっても楽しい、高校時代の友人のライブハウスにも行き、

そうこうしているうちに、
ストレス状態にも少し慣れてきつつあります

どのぐらい慣れたかって言うと
職場の同僚や、息子ぐらい年の離れた部下とカラオケにいき
草原の輝き、を歌うぐらいの
かなり危ない状態ではあります

(いねむりしたのねいっつか~、という…)
2012.07.08 Sun l 千住 小風景 l コメント (2) トラックバック (0) l top