上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
どんよりした空気、からだを動かすことが億劫になり

それが却って、スッキリ眠れない原因になって
ますます朝からどんより、の悪循環…

つゆくさつゆくさ
こんな時期にこそ、大そうじ、しよう!!

今日は朝から、まど掃除、ベランダ掃除を念入りにやりました
6間もある窓すべてはムリ、今日は半分で終業です

まど掃除しながら、なんの脈絡もないけれど、
子ども時代を思い出しました

==小学校の通信簿には
   「運動が苦手な割に敏捷である」
   「ちゃっかりしてるところがある」
 なんて書かれたな  
 けっこう先生、みてたんだ、とか

==大学時代、友人たちと、
    「ひとことで人を言い表すゲーム」をしていて
    おたがい、勝手に映画の題名をつけ合った
 不本意にも「じゃりん子チエ」と言われた私は、
 友人に 「の、ようなもの」とお返しした、とか
なんか、こういう他愛のないことばっかりやって
時間つぶしの大学の4年間だったっけ?


手は窓ガラスを洗い、しゅしゅっとこすり、
からぶきする、を繰り返しながら
あたまは暇してる、これがお掃除の楽しみ

長円寺あじさい長円寺あじさいとお地蔵さん

つゆどきは、なぜか青とか赤の花が多いのかな?

すこしノスタルジックになってた今日の締めくくりは

20年ぶりの友人から、
小学校の同窓会のお知らせの電話でした
おもしろい一日、だったかも

 
スポンサーサイト
2011.06.19 Sun l 千住 小風景 l コメント (1) トラックバック (0) l top
震災後、かつての友人と会うようにしたり、
好きだった小物を整理しまた使い始めたり、

なにが自分にとって、大切なものなのかを
考えるようになった気がします

就職した30年前、最初の職場の先輩であり
のちに上司ともなった女性とお会いしました

これまで何度も何度も、
たくさんごちそうになった
先輩が退職したら、ぜったいお返しをするのだと
満を持して、(私にとって、千住で一番の高級店)明日香にいきました

20110603194444_20110611113321.jpg

カウンター席に座ると、小気味よく働く板さんたち
期待感をあおられます
コース料理だったので
おつくりと煮物、焼き物、そのほかデザートまで
20110603200628.jpg

こんな遊びごころあふれる田楽が❤

話に夢中で、ほとんど写真を撮るのを忘れてました

空白の何年かを埋めるように
職場の同僚のこと、
おやの介護のこと
読書のこと
映画のこと
いま、取り組んでる町のこと……

ひさびさに聞く、骨太な話題
映画も読書も、日々軟弱に過ごしている自分
疲れが取れれば、それでいいや、という暮らしぶりを
猛反省、こういう先輩からの刺激って、いいもんだな〜

そして今月の初め、
よく足を運んでる八百屋に行くと、
看板犬、ぷーちゃんの写真が飾ってました

「えっ?ぷーちゃん死んでしまったの?」
女主人のハマさんにきくと
「そ〜なの、あれ、おねーさんしらなかった?」
ぷーちゃんは、3月11日の地震のとき
ショックで心臓が止まってしまったのだそうです

かなり高齢だったから、大往生とはいうけれど
ハーネズをひきずって、そこら辺をうろついていた姿が
もう見えないなんて…
ぷーちゃん

それにしても、3月中は、たしかに一度も八百屋しも
駅前のデパートにもスーパーにも行かず
生協だけで済ませていた自分
でも5月は2.3回、八百屋の前を通っていたはずなのに
いちごも買ったのに

ぷーちゃんのことだけじゃなく、
大切なものをなくしていないか、
心配になった出来事でした
ぷーちゃん、ありがとう
2011.06.11 Sat l 千住 小風景 l コメント (4) トラックバック (0) l top
3月に92歳になった祖母は
なんとか入院しないで今年も夏を迎えることになりました

この1カ月。
腸の具合がおもわしくなく、
ずいぶんと
特養の職員さんたちの手をわずらわせてしまいました
  ほんとにすみません
職員さんたちの優しさと強さに、頭が上がりません

祖母の声を聴けなくなって久しいのですが、
特養ではときどき、「やめて」とか「いたい」とか
声を出してるらしいです
いたい、って言ってるのに、職員さんは大喜びで
「きみこさんがしゃべった~~」「え~?なんていったの?もう一度言ってみて~」
なんていう騒ぎだそうです

「いたい」のシチュエーションは、
足ウラをマッサージしてたら、ちょっと効きすぎたらしい
だから笑えるのですね~

先週の木曜日、
職員さんの一人が退職することになり祖母にあいさつをしてくれました

「う~っ」と言った祖母、ぽろっと涙を流したので
職員さんも万感の思いがこみ上げて大泣きしたのだそうです

その夜、「これまでやってきたことが、報われた気持ちでした」と
職員さんは言ってくれました

20110524173949.jpg


仕事の後、
疲れて直帰したくなることもあるけど、
祖母の顔をみると、なんだかなごみます

お地蔵さん、おびんずるさん、そんな存在になってきた…

小さい教訓

2011.06.05 Sun l ホーム日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。