ドイツ旅行記第2弾です

(1)ある親子(団塊世代のお父さんと、仲の悪い娘)
  お父さんは用意周到にも、ネットでオペラを予約してました
  娘にも自分にも、ジャケットを用意したのはよかったけれど
  足元がNG! 添乗員さんに「そのスニーカーじゃ、入れませんよ~」と言われ、
  
  わたしは娘に「お父さんにいい靴買ってもらいなさいよ」と親身のアドバイス
  「ドイツでは、医者に行く前に靴屋に行け、っていうくらい、
   からだにいい上等の靴を作ってるらしいよ(ガイドブックの受け売り)」
  お父さんはツアーの人から借りた靴で済ませ、娘はちゃっかりかわいい靴を買ってもらってました
  教訓(1)「あしもとまで、要ちぇっく!!」
  テリア軍団
  (2)ドイツ人は海藻を食べないから、きっと海苔とかもずくスープとか
    食べたくなるはず。みんなそう思っていると思いますが、ホテルでお湯を借りるのが面倒くさい
    結局、味付けのりはお煎餅のように食べられてよかったのですが
    もずくスープもみそラーメンも、葛湯も食べずに無駄になりました
    そのほか「ハーブキャンデー」「ハンドクリーム」なども現地購入できるので不要でした
教訓(2)旅先に「くず湯」は要らない!

   あさごはん
    (3)ドイツやイギリスは、毎日毎日「曇りのち雨ときどき晴れ」
    軽量の傘を持っていったのはいいけれど、履きなれた「バックスキン」の靴を履いていったら…
    じとっと靴下が濡れてきました
    着替えは十分持って行ったけれど、靴は油断していた
    ツアーで一緒だった女の子たちも、うすっぺら~い靴を濡らして困ってました
    
教訓(3)やっぱり、足元まで気を抜いちゃだめ!!

    
スポンサーサイト
2010.05.27 Thu l たびのそら l コメント (6) トラックバック (0) l top
じゃーん

アラスカ上空
ゴールデンウィーク、ブログが滞っていましたが
実は旅に出ておりました
やっと写真の整理を始めました

15年以上も、海外旅行なんてしておりませんでした
旅行積み立てもたまったことだし
そろそろ行くか、と思ったものの
キャンセルまちやら火山噴火やらで
なかなか決まりませんでしたが

ドイツに行ってきました

プレーンライン
ここはローテンブルク、もっとも絵ハガキに使われている風景
プレーンラインです
早朝なので薄暗く、人通りもありません

ホワイトアスパラの季節

ロマンチック街道とお城をたっくさん周る、という
ツアーでした
ちょうど「ホワイトアスパラ」がおいしい時期だそうで
自由時間にレストランでいただきました

ドイチェスハウス
ディンケルスビュール、ドイチェスハウスと呼ばれている
家と街並み、これぞドイツっていう感じがします
それにしても
どこに行っても石畳の古い街並み
ずっと歩いていると
けっこうヒザに負担が来ます

あさもやのローテンブルク

この美しい景色が見られただけでも
あ~来てよかった、、
ここはローテンブルクの城壁をちょっと抜け出たあたり、
早朝散歩で見つけた、とっておきの風景です

写真の整理をしながら、今後も時々ご紹介したいと思います
ふふっ…(思い出し笑い)
2010.05.23 Sun l たびのそら l コメント (6) トラックバック (0) l top