上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ちょっと早い歓送迎会がこのところいくつか
団塊世代の先輩の退職や
先輩女性のちょっと早めの退職とか

今日は初めていった千住の店をご紹介します
でんでら亭(1)
長崎出身のオーナーが、気持ちを込めて作ったしつらえ
ステンドグラスとランタン、奥には坪庭がしつらえていて
なんともかわいい感じです

でんでら亭(3)
カウンターには古伊万里ふうの食器が並びます
お料理もとても美味しく大満足
店名は「でんでら亭」  意味は分かりません
ここのオーナーは千住に6店舗もっている、やりてのおばちゃんです

お店もお料理もいいけれど
くつろいではなしをする、その中身こそ大事ですね
今日は、わたしが30歳ごろ一緒だった職場の先輩でした
今の自分の暮らし方などの話とともに
仕事にかかる、他愛もないつながりや偶然を見つけては
先輩後輩の「きずな」を確かめ合ったのでした
(けっこう、男同士のような会話ばかりです)

ところで、新しいお店ができるとともに
お気に入りが消えていくこともありました

「肴やの旦那は 魚谷さん」「さるたんの旦那は 猿田さん」
千住の名店をネタに、こんな軽口を飛ばしていたのですが

その肴やが廃業…  写真は「足立朝日」からお借りしました
8c941b47d7b28722c04e52ec584e51a3-300x291.jpg
しばらく行ってなかったけれど、
いつも「千住の大病院の院長」だとか「大学の先生」だとか
フツーの(我々のような)ものたちとか
勝手に会話を楽しむ店でした
友人夫婦が「これ以上はビール飲ませないよ!」と
追い出されたことも、いまは思い出になってしまいました

記事はこちら↓
足立朝日の記事から
スポンサーサイト
2010.02.26 Fri l 千住 小風景 l コメント (2) トラックバック (0) l top
今年は東京にも雪がよく降りました
18日の木曜日、朝ずいぶん降っていたので積もるかなーと…
早朝の千住新橋
5時半過ぎ、朝寝坊の千住では窓のあかりはちらほらです
昼にはほとんど雪は融けてしまいました

このところ、東京に降る雪は3月が多いように感じます
3月といえば年度末
   「仕事にいよいよ追い込まれてる」
   「言いたくないこと(ごめんなさいとか、さよならとか、これで打ち切りとか)を言わなければ…」
こんな気持ちで仕事に行きたくないというのに
雪まで降ってる、そんな朝がなんどかあったのを思い出します

ところで自粛気味だった夜のお付き合いも徐々に再開しました
6年半お世話になったマンションの管理人さんの送別会や
団塊の先輩たちとの定例宴会、旅行会
それと欠席した職場の新年会の埋め合わせの会

そしてウチでも
いよいよムール貝のシーズンです
ムール貝
大好きなのでしょっちゅう食べているのですが
これは宮城産のを市場でたくさん買ってきたもの

そしてあてには、日本酒も…
下戸の、ほんとうに(というか、意外と、といわれます)弱い私ですが
日本酒っておくがふか~い、と思います

danchu3月号
たまたま見ていた「danchu」3月号が日本酒特集でした
  この雑誌、「男子、厨房にはいるべし」という意味なんだそうです

おおっ!知ってるお酒がいっぱい載ってるよ~
 やっぱりあった!あのお酒
 「万齢」(佐賀小松酒造)
「食中酒ならこの1本」だそうで
1ページ割いての特集でした

「七本槍」(滋賀長浜の冨田酒造)これは一昨年旅先で購入、
「土っぽい香り、燗にすればすれば玄米の香り」だそうです

月の桂」(伏見、増田徳兵衛商店」)のにごり酒
「宗玄」(石川県珠洲市宗玄酒造)
  これも旅行先でいただきました

「白瀑(しらたき)」(秋田、山本合名会社)
これは近所の秋田料理店「まさき」お勧めの酒、
白神山地の湧水で作ったのだそうです

いろいろ出かける先で、飲めない癖に試飲をし
1.2本だけ購入するという旅もなかなかいいもの

残念ながら営業休止してしまった酒造もありました
(ダンチュー掲載ではありません)
「最上川酒造」↓HPここを見て
       最上川酒造
ノンラベルの原酒なまをいただいた際、名無しではお取り寄せできないじゃない、と思って
「なんて呼べばいいんですか?このお酒」とお聞きしました

「そうですね、じゃ、社長の寝酒とでも言ってください」
こんな会話って、いつまでも心に残るので
ぜひとも復活してほしいです

早朝の雪
ちょっとボケてますが
幻想的(?)にも見えるもう一枚
「くすのき」の木です
毎年5月になるとこの木にカラスが巣を作り、
すごく怖い目つきで私を睨むのです
この平安な風景もその時まで…
2010.02.21 Sun l こんなシクラメンのかおり l コメント (10) トラックバック (0) l top
2年半使っていた、お気に入りのケータイでしたが
カメラ機能がいまいちなので機種変更してみました

恵比寿の路地
画面は大きいものの、冴えないな
雨の石畳って、もっと美しいかと思っていた
恵比寿のホテルラウンジで
こちらは、けっこうおいしそうにみえますね
「フレンチトーストは、あたたかいうちにお召し上がりください」って…

友人のお見舞いのため、また恵比寿に。
顔を見るとお互い元気になるのですが、
見舞った後は、疲れやら寂しさやらで
ちょっとひと休みがしたくなります。
ナッツとドライフルーツ、アイスも付いたスイーツにやっとたどり着くまで、
母校(高校)の通学路途中の路地をうろうろ。

今のケータイって、万歩計まで付いているんですね、
このくらい歩いたんだから、スイーツぐらいいいだろう、
っていうわけですね。



2010.02.15 Mon l こんなシクラメンのかおり l コメント (10) トラックバック (0) l top
地域限定雑誌「東京ウォーカー」最新号の
「住みたいまちランキング」に、
なんと北千住が13位入賞!!

まちがい「住んでみてよかったまち」の13位でした

住みたいとは思わなかったけれど、住んでみたら「意外によかった」
ということでしょうかねぇ
tw.jpgちなみに、以前でた「足立区ウォーカー」もあります
(関さんのジュニアさんが撮ってくださった写真が掲載されてます)
足立区ウォーカー
 駅から近くて適当な安さの物件が多数
 意外と大手町や銀座に近い
 物価が安い、商店街も、マルイやルミネなど大型店もある
 夜遊びが、安心で多種多様で楽しい!!
だから私も北千住でと、一生のお買い物をしました
夜遊びが安心、という点では、フーゾク店が少ないのです
あってもなんていうか、怖くないっていうか…
ハリウッドみたいな伝統店や、
「あれ、友達のむすめがバイトしてる!?」みたいな
リーズナブルなお店が多いのです

今日のおすすめ、地元千住グルメは
鳥真3
千住3丁目、駅前通りの「日高ラーメン」ウラにある
歴史ある鳥料理(焼き鳥です)「鳥真」です
近くには堀江貴文がかよったという「バード***」という店もあるけれど
こっちのほうが断然おいしいです!
鳥真おやかた
二代目おやかた(知昭さん)、いい仕事してます
野菜(写っているのは小たまねぎ)には
鳥の油を塗って焼くのだそうです

この1週間、雪が降ったり風が吹いたりと
大荒れでしたが、そんな中
2年ごしで育ててやっと咲きました
わがやの「クリスマスローズ」
生協で2株1000円ぐらいでしたが
虫食いにも負けず、可憐な花をみせてくれました

2010年2月クリスマスローズ (2)

2010.02.07 Sun l 千住 小風景 l コメント (10) トラックバック (0) l top
みなさま
ご心配をおかけしました
祖母がこのまま帰らぬ人になってしまったら…
そう考えつづけながらも、日々の生活は大事ですね
  「写真、えらんでおかなきゃ
   若い時のきれいな写真も、みんなに見てほしいし、
   父にもいろいろ頼まなきゃ…」
そんな人間界の雑事があることを思い出しました

まだしばらくは元気そうなので、いつもの自分に戻ることにします

20年2月24日南の空午前6時

これは、昨年の写真
おとといの東京のゆきは、撮り損ねてしまいました

2010.02.03 Wed l こんなシクラメンのかおり l コメント (1) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。