上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
月の始めに行った、不忍池のはす
あれからどうなったかな?と気がかりで、行ってきました
蓮池
これだけ見ると、3週間前と変わりはないみたいですが
弁天堂
花の数は確かに増えています

私の想像していたイメージは、一面に大輪の蓮花が広がっている風景ですが
たぶんあの世に行かなければ見られないのでしょうね
現実は大きな蓮葉にかくれて、いじけた花ばかりでした
私のような不信心ものは、あの世でも見られないのかも…

骨董市
上野不忍池では骨董市が並んでいて、
オジサンたちのたまり場にもなっておりました
日本橋

このあと稲荷町、日本橋、人形町とぶらぶら歩きを続け
和菓子とお抹茶と、お香を、
ついでに宝くじまで買って帰りました


スポンサーサイト
2009.07.25 Sat l たびのそら l コメント (6) トラックバック (0) l top
今週は週4日だけ働けばよいというのに、遊び疲れなのかぐったりです
今日はなぜか、来客(友好的な)が多く、
7人ぐらい、入れ替わり立ち替わりいらっしゃって、
近況報告やらグチやらセールスなどをされてお帰りになりました
仕事は中断されたものの、もともと能率の上がらないこんな日は、
なんとなくありがたい気分になってます

さて、今夜は北千住最大のイベント
足立の花火  です
北千住がいっぱいの人出でにぎわうのは、1年を通してもぜったいに今夜です
つぎが「あだち区民まつり」、今年は10月の3日4日、こちらも楽しみです
花火1
年々発色がきれいでゴージャスになっていく花火

祖母を呼び寄せてからというもの、毎年この日は一緒に花火を観ます
「これが今生のさいごになるかも…」そう思ってから、もう7年がたち、
去年からは、うちから歩いて20分のところにある老人ホームで
皆さんと一緒に見学しています

年とともに発語が悪くなってきた、90歳の祖母ですが
「あ~きれいねー」とハッキリ大きな声を出したので、みんなびっくり
小倉生まれの玄海育ち、
戦後引き揚げのあとは女手一つで父を育てあげ、
ついでに私を大学まで出してくれた、おばあちゃんは
花火と相撲が大好き、この日は両方楽しめてご満悦です
花火2
この、微妙なパステル色
なんといっていいものやら…

屋台じゃがバター
我が家の周辺は、今の時間も車両通行止め、
これからしばらくは土手で若者たちが騒ぐのでしょう


2009.07.23 Thu l ホーム日記 l コメント (10) トラックバック (0) l top
せっかくの夏休み、大雨のため各地で被害が出ましたね
さておやしらずも落ち着き、いよいよ旅行だ!!
そう思って出かけたのは
福島県土湯峠温泉郷の 幕川温泉吉倉屋へ

目的は 蔵王まで足を延ばしてお釜を見ること
     旬のフルーツをお土産にすること
     温泉に骨まで浸かること   のはずでした…

蔵王は大雨、お釜のそばまで行ってはみたものの、
停車した車が横揺れするほどの風と霧で、なーんにも見えませんでした
車の外にでるだけでも寒いし吹き飛ばされそう  がくっ
フルーツ店も早々に引きあげてしまった様子

蔵王でお漬け物
そのかわり、農家の出店でお漬物をいっぱいいただきました
グリーンの変な野菜は「スパイラル」 カリフラワーとブロッコリーを掛け合わせたそうです
吉倉屋露天風呂
日本秘湯を守る会の宿、幕川温泉「吉倉屋」の露天風呂

翌朝は曇天ながら、すがすがしい緑の中のお湯を楽しみました
弱硫黄泉、湯の花で、すこし濁ってます 

このあたりは「赤湯」「新野地温泉」「鷲倉温泉」と、
秘湯の宿が続いています
温泉街はなく、ぽつん、ぽつんと点在してます

かつてはにぎわったところなのか知りませんが、
廃墟と化したドライブインがあって、ちょっとさびしい雰囲気
吉倉屋
素朴ですがとてもおいしいごはんでした
民家など全くない、人里離れたこの旅館、
仲居さんに「どちらからきているのですか?」と伺うと
「住み込みもいるけれど、宿の送迎車で土湯の町まで迎えに来てくれる」のだそうです
失礼にも「この辺はかつてはにぎわったのでしょうね」
と聞いたところ、ちょっと「むっ」とされたのか
「ここら辺の宿は昔もいまも、にぎわってますよ」と…
たしかに、どこの宿も満室らしく車でいっぱいでした

翌日、蔵王に戻る気にはなれず。思い切って海側に出てみました
港、小名浜
小名浜のカツオ哀れ
小名浜港でおさしみをいただき、土産物を手に帰途につきました
港では、かもめのえさになるのでしょうか、カツオの頭部がころがってました

東北道の渋滞を避けるためにも、常磐道周りで帰ってきたのは正解だったかも
休日の高速道路割引で、交通費が安くできたものの
お天気に恵まれず、ちょっと残念でした
また御釜には行かなくては


2009.07.22 Wed l たびのそら l コメント (4) トラックバック (0) l top
しばしのごぶさたをしておりました

先週の休日、以前同じの職場だった先輩とほか何人かで
昼間から蕎麦屋でビールを飲んでいました。
そのうちの一人がNPOをやっていて、
11月に「そば打ち講座」をやるよ、という話題に。

  何年か前に私も参加した、このNPO主催のそば打ち。
  江戸ソバリエ、という資格を持った講師が作ってくれた
  おそばは、すきとおるような切り蕎麦で
  とてつもなくおいしかったことを覚えてます。
  そういえば私はほとんど作らずに
  ネギばかり切っていたような気がします。


これを聞いた団塊世代であるその先輩は
「こないだ、合羽橋(道具街)で
そば打ちセット買ったよー
3台セットだと安いって言うから、
あいつら連れて買いにいったんだよー」と、うれしそう。

 そば打ち

 先輩はもうすぐ定年、夫婦でそば打ちっていうのも、楽しそうですね。
 子どもたちも出て行っちゃったし、部屋も広いし。
 腕をあげたら呼んでくださいね、食べに行くよ。でもね…


そのあいつらとは…
うーん、あいつらかー。(深いため息…)
12年ぐらい前は、合コンやってたはずなのに
とうとう婚活諦めて、そば打ちですか??
本当にいいんですか、それで?

というぐらいに、私の周りには40代になってしまった独身男性が
うなるほどいます。
独身女性も、少しいます。
女の人はどんなに可愛くて気立てが良くっても、40代になると
ほとんどみんな、大きくなって貫禄ついていきます。

30代のうちは合コンもいいけれど
メンバーが固定化し、その気はしだいに薄れていき、
そのうち考えるのが面倒になり
楽しいからソバでも打ってるか、という気になるのでしょうか?
でもちょっと、渋すぎ。
合羽橋のお店も、60歳未満にはそば打ちセット、売らないとか
「ほんとに?そば打つの?」と心配するそぶりを見せるとか。
なにか考えてほしいものです。









2009.07.18 Sat l 団塊ウォッチャーとして生きる l コメント (4) トラックバック (0) l top
今日、久しく会っていない友人から、突然メールが届きました

「今日しのばずの池に行ったけど、ハス、たくさんつぼみがあったよ」

えっ?
そうなの?
私が行った時は、まだ咲いていなかったのだろうか?

続いて、メール
「ハスは朝咲くんだよ」
も~ね、それぐらいは知ってるよ、朝に行ったんだもん
おちょくってんじゃないよぉ

それにしても、明日は東京はお盆の入り
花やさんの店先には、確かに大輪のハスが並んでました
じゃ、シーズンはこれからなのかしら??

実は、3週間ぐらい前に、足立区の公園で
「大賀ハスの首がちょんぎられる」という事件がありました
内部の事情に詳しい知り合いに聞くと、
朝早くに大量に切り取られ盗まれていたとのこと…
プロの犯行ではないか、とのこと
   (ハスの首を刈るプロって、どんなプロ?)

しのばずの池のハスに、そんな悲劇が襲いかかってはたいへん
そう思って、しばらくたってからではあるけれど先週出かけたのでした
でも、早かったのかも、
また私の得意技、はやとちりだったのか…

かなり落ち込んでます

ついでながらお知らせしますと
同じ足立区内のある公園で、
アメリカザリガニ30匹が、
近所の小学生2名の打った
BB弾により全滅する
という事件もありました

足立区の公園、全国でニュースになった
「モスキート音装置」設置
     =若者が夜中にたむろし迷惑行為を起こすため
      若者にしか聞こえない(らしい)モスキート音と呼ばれる音の
      発信装置を公園内に設置した=
など、ニュースが集中しています
  (もちろん、私にはまったく何も聞こえませんでした)
いずれにしても、もう一度
ハスをみに出かけなければ、気が済みません
あー、今年も徒労の夏になりそうな予感…


2009.07.12 Sun l こんなシクラメンのかおり l コメント (8) トラックバック (0) l top
しばらく歯の腫れに耐え、仕事にいそしみ(?)
ブログのネタもない日々を送っていました

まだ歯の違和感は残りますが、がんばって昨日のうちに家事、介護を終え、
ついでにマッサージまで済ませ、今日の休日に備えました
朝から、ひどいもみ返し
「外に出て、体動かしなさい!」と言われたことを思い出し
上野へ
池一面のハスの花を思い描きながら出かけました

ハスの花
上野、しのばずの池と言えば、ハスでしょう
ところが1週間以上遅かったと見え、
池一面はこんな感じでした
弁天堂としのばずの池
ハズ池と弁天堂と言えば、東京、いえ日本を代表する
絵ハガキポイント、ちょっと情けないすがたですが、すがすがしい気持ちには、なれました

「今日は抑圧から解放される日だ」
と心にきめたものの、普段どんな抑圧があるんだっけ??
人に抑圧してんじゃないの、と言われそうですが
まあ、遊ぶときめた1日でした

帰宅後はDVD鑑賞、今日の映画は
ランボー 最後の戦場 
公式サイトはここ
スタローンは、大好きです  アラ環になってもあの筋力は健在でした
ストーリーはシリーズいつものように、ほとんどナシ
とても子供たちには見せられない、R15だし。
と思いつつ、
大人にはなんておもしろいんでしょう!考えるところはいろいろあるけれど
ランボーも引退、「ランボーであり続けなくてはならない」という
まさに 抑圧からの解放でした



2009.07.05 Sun l たびのそら l コメント (7) トラックバック (0) l top
2時間ぐらい前に仕事を早退し、土曜日に抜く予定のおやしらずの
観察のために通院しました

「観察」だったはずがつい
「一応覚悟はできています」と言ってしまうと。間髪入れず
「じゃ、さっそくはじめましょうかね、一応手術ですから」
と、先生は手際よく麻酔の準備を始めました
その横顔は、とてもうれしそうに見えました

==そんなに恐がらなくても、
  でも「大丈夫ですよ」なんていうと調子に乗って、
  お酒飲んだり騒いだりするでしょ
  あとで「すごく痛かった」と泣きを見ることになるから
  覚悟はしておいてくださいよ==

とかなんとか、大先生と若先生二人におちょくられながら、
バリ、という音とともに、あっけなく抜かれてしまいました

周囲の人たちは
「痛いけど、らくになる」と言います
みんなえらいんだなーと思っていたけれど
抜いてしまえばこんなものか、という感じ

思えば自分は
大人になって初めて歯を抜いたので、その未知の恐怖に
とらわれていただけかも知れません
あしたは休みをいただいてしまおうかなー、甘いかな

思ったより小さく、情けないすがたの「虫歯のおやしらず」
もらって帰ったのはいいけれど、どう始末したものか…
好奇心が強いと、このような間抜けなことをして後悔します

 (私の虫歯なんて見たくもないでしょうから、写真はのせません)

2009.07.01 Wed l こんなシクラメンのかおり l コメント (6) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。