上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
みなさま!
そもそもこのブログを始めたきっかけは
「団塊ウォッチャー シクラメンの香り」ってことでした
タイトルも、私をよく知る団塊世代の方がつけてくださいました
にもかかわらず、最近は団塊ウォッチャーとしての
ミッションを果たしておりません  ごめんなさい

団塊世代の方々はご自分で気づいていないかも知れないけれど
「小生」って書くでしょ
すぐに「思想」とか「闘争」とかという文字に、目がいくでしょ
だから、映画は「アラビアのロレンス」だったり「市民ケーン」だったりしますよね



私は団塊に続く「シラケ世代」なのですが、
団塊世代の方々には影響を受け続けて
もお、ヤだ、とか言いながらくっついて行ってます


でもこればかりは、笑えた迷言でした
「思想なきアクションは、ただの体操にすぎない」
完全にラジオ体操第一をやってる、上司や先輩の姿が浮かんできます
そしてこれに続く迷言は
「自分が追い続けていたのは
思想を確立したいという思想 だったのかもしれない」

なんだかわかる気がします
身近な団塊世代の先輩を見てもこのアンビバレンツな、交差する感情
それでも日々やり続ける、ラジオ体操のようなもの
結果が「薔薇のつぼみ」(市民ケーン)だとしても
きっと団塊世代が70歳になっても80歳になっても
ウォッチャーは続くと思います
だから「年金貰い逃げ」とか
「退職金かっさらい」とかそういうのはナシで、
後に続く我々のために、残しておいてほしいと思います

私にとって団塊と言えばこの人、
よしだたくろう人生を語らず
団塊世代を即効で理解するにはこの一冊
団塊ひとりぼっち
そして一番かっこいい団塊世代の方々は
キヨシロー&チャボさん
スポンサーサイト
2009.05.30 Sat l 団塊ウォッチャーとして生きる l コメント (2) トラックバック (0) l top
なんとか5月病も発症しないでやり過ごせそうに、月末を迎えます
とはいえ、気分はへこみがちです

お客様には「窓際のくせに!!ざけんなよぉー」などと暴言を吐かれたり、
「事故にあったようなものデス、これは…」といわれる仕事が出てきたり
それでもお給料ですのできちんとしなければと思って頑張ってます
「まだまだ自分の努力が足りない…」と自分を追い込む
きっとこれの方が、悪循環を呼び起こすのでしょうね…

これは自分だけでなく、けっこう友人たちも同じような気分のようで、
「体だけは壊さないようにしよう」が合言葉のように飛び交ってます
体験的にいって、女性の新厄年、というのがあるようです
ここ数年の間、47歳から49歳ぐらいまでで
大病したり家族介護で仕事をやめたり、という方が何人か続きました

5月がすぎれば落ち着くかな、50になるし
「あんたがどんな50歳になるのか、見てみたいよ」と言ってくれた先輩でも誘って
騒ぎたい気分でもあります
山路横丁のマリア様
雨上がりの夕方
千住で一番好きな露地「山路医院の横丁」にいる、マリア様
ちょっとくたびれたお姿ですが、
あんたの愚痴ぐらいいつでも聞くわよ、といってるような、なぞのほほえみです





2009.05.24 Sun l 仕事はほどほどに l コメント (11) トラックバック (0) l top
新型インフルエンザがどんな展開を見せるか
仕事上の不安がいっぱいあったゴールデンウィーク
「なにかあったら連絡のつくところにいるように」という指示だったので
「日光ぐらいなら、いいかな?」と自分に言い聞かせ
一日だけ行ってきました、奥塩原の秘湯「渓雲閣」へ
渓雲閣貸切露天

何か後ろめたく、今日までネタにしませんでした
「日本秘湯を守る会」という朝日旅行の主催する会の、指定旅館
10回以上いろいろ出かけてきましたが、
ほとんどが満足できるいい宿、いい温泉です

今回はどうしてもにごり湯に入りたくて日光周辺を探し、
宿泊の4日前でもあいてる宿をとりました

奥塩原はいくつか共同浴場もあり、風情があるのですがとても熱いです
地元の方と一緒に、遠慮がちに狭い湯船でお湯を借ります
水で薄めてはならないオキテらしく、我慢しながら入りました

この写真は朝の6時半ごろ、お湯をはり換えたばかりの
宿の貸切露天です
まだ桜が咲き残っていて、新緑もきれいでした

あー、あの美しいさくら、奈良の旅行をしたばかり
「シカはなぜ、シカせんべいやのおばさんを襲わず、
私を追いかけてくるんだろう??」
その疑問も解けないまま

あまり次々と旅行に行くと、前の記憶が薄れていって
もったいない気がします
でもどうしても行きたいときもあるのですね…
【ただの現実逃避だって!】
とにかく温泉に身を委ねて
翌日は世界遺産日光の寺社めぐりをして

「個人旅行のみなさまにお分けするのは、今だけですよ」
という輪王寺の口上についつられてしまい
「家内安全」のお札や
「守り本尊阿弥陀如来のペンダント(!)」をいただいて帰ってきました





2009.05.17 Sun l たびのそら l コメント (11) トラックバック (0) l top
毎週金曜日のお昼は、職場の同期女子4人で、定例のランチです
4人合わせると齢200歳ぐらい、25年以上もずっと同期です
私はお昼休みはたいてい自席で食べてるので、
週1回だけ外に出られるのは無上の喜びです

予約して、ちょっと手の込んだ「和食弁当」(800円)をいただきます
今日のランチメニューは
 生姜焼き、やさいの煮物、白和え、ごはんとお味噌汁、オレンジ、コーヒー でした
 正直、本日はあまり「手が込んでる」とは言えませんでした

この日の話題は「演歌」
仕事のこととか、誰がどうしたとか言いながら食べてると、
突然ひとりが、「最近、演歌っていいなーと思うの」と言い出しました
「えー、なんでー。なにがあったの?」と、もう一人。

「ううん、別に、前から好きだったし」「どんなのがいいの?」
「津軽海峡冬景色とか」
うん、それはいい選曲だね

そして私も割り込みます
「歌えたらかっこいいなーと思うよ、八代亜紀とかも」
「えー、歌わないよ、それはー」  そんなもんなんでしょうか…

「そういえば昔、いっしょに 森進一のコンサート行かなかった?」「行った行ったー、大好きなの、今も」
「……」
森進一のコンサートとは… 私にはついていけませんでした。

そこで私も
「演歌じゃないけど、RCサクセションが大好きで、キヨシローがなくなったのは悲しかった
泣きはしなかったけど、時々ふっと悲しくなる。イントロ聞いただけで泣ける曲とかあるし」

「……」「……」 
「いまわのきよしろう? だれか好きな人はいるんだろうな、とは思ってたけど、
ウォンバット(私のこと)が好きだったとは知らなかった」「ほんと、身近にいるとはね」

ただのおばさんたちの会話でした
なんかばかにされてるのかなーと思うところ、なきにしもあらず

なんで森進一なの?
私たち世代のアイドルは、
郷ひろみじゃなかったっけ??フツーはそうよ
これは怖くて言えませんでした
ふつーってなんなのよ、って言われそうで…

それでも楽しい、同期のおしゃべりタイムでした



2009.05.15 Fri l 仕事はほどほどに l コメント (9) トラックバック (0) l top
ゴールデンウィークも、今日で本当におわり
さびしい気分、ゆううつな波動…
なんてアンニュイに浸ってられないほど、やることがいっぱいあった
その「追い込まれ感」から逃避するかのごとく、
あさ8時半からいそいそと出かけました

偶然見つけた、このブログ
新宿区大久保
に触発されました
初めての「都営副都心線」に乗ろう
ふるさと「大久保」に久々に行ってみよう
お昼は「北京亭」で食べよう
大久保通り共栄ビル
ここは共栄ビル、懐かしい、40年以上も前から変わってないわー
でも、韓国料理店がこの通り沿いにいっぱいあってびっくり
「大久保って、コリアンタウンのとこでしょ」
とよく言われるのですが、私が知ってる大久保は、ちょっと違うんだけどねー
むかしのまま昔のまま、こんな家もまだあった! 私が幼稚園のころ、このうちの優しーいおばちゃんに可愛がられました
廃墟の(?)ねこ
今は猫が門番してるのか??
鬼王神社
職安どおり(ハローワークどおり、と変わってるのでしょうか?)を渡れば「鬼王神社」
ここの縁日は思い出深いです、ひよこ買ったし「ふろくやさん」が出ていて、
よく「りぼん」の付録をかったっけ…
鬼王、とは平将門のこと、新宿区には将門伝説が息づいています
善男善女は、何を祈ってるんでしょうか?

さて、お目当ての北京亭はここ
北京亭
北京亭のなか
もう、どうしようもないくらい、昔のまま
紹興酒を頼みたくなりましたが、我慢がまん
この派手な内装が、子どもの頃はイヤだったのに、
「あのままだったらいいなー」と思っていた、その期待通りでした
ここは1990年代の終わり、「あふれる熱い涙」という、
ルビー・モレノさん主演の映画の舞台になりました
私はまだ観ていないのですが。

帰ってきた千住
ただいま、北千住に戻ってきました




2009.05.10 Sun l たびのそら l コメント (6) トラックバック (0) l top
ご心配おかけしています
ぷらっとくんさんからもコメントいただいて…
自分がいかに太めかを、皆様にご披露してるんだってことに、
やっと気付きました

昨日、今日と仕事に行き、軽めの晩ごはんに戻し、
朝のテレビ体操も続け、なんとか安全圏に戻ることができました
やはり私は、誰かの監視がないと努力しないと改めて自覚

山菜いろいろ
昨日は仕事から帰って野菜料理を作りました
やまぶき、みず(根本が赤っぽいもの)、かき菜、超長なす、
調理方法がわからない「みず」は、八百屋のご主人に教わって
「みず」とわかめの酢の物
ゆでてすじをとり、包丁の背でよく叩いて粘りが出たら、わかめと一緒にゆずポンで味付けしました
あまり味はないですが、雰囲気でしょうか
ふきの白和え
やまぶきは白和え、フツーのふきよりも苦いのでこれがちょうどいいかんじでした

なんとも面妖な「なす」は味噌炒めに、かき菜はほぐした鮭とチーズグラタンになりました
一番おいしかったのはグラタンでした
で、こちらはおすすめゲルマバス
おすすめのゲルマニウム入浴剤、これが一番効きます
ぬるめのお湯で20分、どっさり汗をかきますよ!
ダメ押しだ、今夜も入ろう!!



2009.05.08 Fri l こんなシクラメンのかおり l コメント (2) トラックバック (0) l top
昨年夏に強化ダイエットを行い、
お金かけてサロンに通い、
3キロぐらい、まあまあのダイエットに成功し維持してきた自分
がんばった!
最近珍しい努力のたまもの、といえましょう
ところが4月に入って
生活が乱れ体重も乱気流にのまれ、
レッドゾーンに戻ってしまいました

あーあ、 原因は?
①環境が変わりなんとなく自分の調子がつかめない
  でもけっこう仕事はリラックスしてやれていたのに…
②飲み会が続いた
  4月だもんなぁ、飲み会でも食べすぎなければ問題ナシのはず
  でも自分で作るバランス良く量の少ない食事に勝るものなし、か
  親戚が集まって豪華中国料理、ってこともあったな
③イラっとする出来事があった
  しょっちゅうある。でも「誹謗中傷」はいやだ、我慢ならぬ、ってことが一度あった
④昼ごはんがいい加減だった
  きちっと食べればよいものを、パンが続いたり…夕方おなかがすく
  日本人はお米でしょう
⑤晩ごはんの前に間食が習慣になりかかってる
  これだ!①から④が最終的にここに行きつく。夕飯前にちょこっとおやつが、
  イライラの解決方法のはずないでしょう、わかっているのに…
  「出かけたら必ずご当地みやげを買わなければならない」ってことはないでしょう!!
   (今般、日光でチーズケーキ「ニルバーナ」のホール買い)そう、でも誰も止められない

ゴールデンウィークは、出かけることもあったけれど
家から駅まで、おばあちゃんのところまで、という日も多く運動不足を反省。
今日私が取り組んだ解決方法はこれ
 「ゲルマニウムバスで大汗かいてダイエット&デトックス」
駅前に入浴剤を買いに行き、音楽をかけて明るいうちから入浴です

気持ちよくてお勧めですが、300グラムぐらいしか減っていませんでした
でもまだ認めたくない、ダイエット失敗だけは避けなければ…

2009.05.05 Tue l こんなシクラメンのかおり l コメント (8) トラックバック (0) l top
忌野清志郎が、亡くなったって??
えっ?

喉頭がんと闘っても、あの独特の声を奪われることがなかったのに
RCのメンバーが総とっかえしても、
解散しても、再結成しても、また散り散りになっても
断絶するなんてことのない、人から何も奪うことなく
与え続けてきたでしょう…

大好きな曲はたくさんあるけれど
「ハイウェイのお月さま」を聴きたいけれど(「ユーチューブ」になかったので)
これかな、 君が僕を知ってる

うん、知ってる
アルバム「初期のRCサクセション」からずーっと
「わが青春の」みたいな存在だから
どうもありがとう
ご冥福を…
2009.05.03 Sun l 団塊ウォッチャーとして生きる l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。