上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
よほどの昆虫好きでなければ、機関紙「TSU-I-SO」は知らないでしょう
1961年から発行されている、昆虫マニア向けの週刊誌、
とはいってもガリ版刷みたいな、とても質素なものでした
「ムシヤマ チョータロー」さんこと、西山保典氏が発行人

私は子供のころから昆虫とか小動物が大好きで、
夏はたいていカブトムシ、ヤドカリ、カニを飼ってました
(猫や鳥も飼っていたことがあるのですが、一番可愛かったのは九官鳥でした)
カマキリやアゲハチョウの幼虫を捕まえてきては、一生懸命飼育していたものです
カマキリの卵が一斉に孵ってしまい、掃除機でこどもを吸いとったり、
セミが羽化するところも見たことは、今も鮮明に覚えています

その後、ちょうどバブルのころに、たまたま中野ブロードウェイを歩いていて
「TSU-I-SO」を見かけ、荒川区には「虫友社」というショップがあることなどを知り、
昆虫魂が一気に蘇ってしまったのです
虫友社には昆虫採集のセット、標本、そして卵や幼虫も売っていました
標本には興味がないのですが、大人仕様の採集セットには
胸がどっきん、となるのが感じられました

ああ、今思えば反省することばかりなのですが、
このあたりには到底いないようなチョウの卵を、大人買いしてたんです
ナガサキアゲハとか、アオタテハモドキとか(もうこれは、最高にカワイイのです!)
たまごは当然孵化しますよね、えさとなる植物も買ったり栽培したり
団地の植え込みにこっそりはいりこんで「いただく」ということもありました…
それがために旅行にも行けず
幼虫のえさやりをする、という日々が、一時ありました

幼虫からさなぎになり、これが羽化の前にはぴょこぴょこ動く愛らしさって。
そしてある朝、美しい蝶が誕生していた…
この喜び、楽しみは、経験した人でなければわかりません
でも体力もお金も続かなくなり、あるとききっぱりと「竿を折った」のです

それ以来、ムシヤマチョータローのことも忘れていたのですが…

不思議、ある朝の通勤バスのなかで、合本されたTSU-I-SOを読みふけっている
若い女性を発見!!
後ろからこっそりのぞき見るも、そこにはあの手書きの、懐かしい文字が

なんで合本されたのだろう?どこで売ってるの?
バブルとともにはじけたとばっかり思ってたのに
だいたい、なんでアナタこんなの持ってるの、と詰め寄りたい情動に駆られながらも
職場近くのバス停で降り、何食わぬ顔でその日も仕事をしました

それ以来「バスの中の読書」が、詮索の対象となってます
するといろいろ見えてくるんですね
ちょっと驚いたのは、いかにもっていう感じの宗教の教本、みたいなの
教祖はあなたの願望や財や力を、あなたに代わって実現するのです(といってはお布施をださせるのかな?)
だとか、人間の心はもともと汚れている、みたいな扇動的、コントロールのような
そんな新書版の本を読んでる若者がいたりするんです

朝から興味津々、失礼にあたらぬよう気をつけながらチェックしてます
ってことは、私もされてるんでしょうね、きっと



スポンサーサイト
2008.10.29 Wed l 仕事はほどほどに l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今日のお昼休み、同世代の女性4人で食事をとってると、話は体のことに。
 Aさんは夏の間、おなかの調子が悪かったのですが、それが落ち着いたと思ったら、最近は家の中で転倒し、腕と肩を痛めました。
 「ショックだったの、何だと思う?金曜に転んだのに あー痛い、これは病院だわ、とひどくなったのが火曜日よ!それに病院では=からだを柔軟に保つようにしてください=っていうのよ!なんか頭に来ない? 昔はこうじゃ無かったよね~」(私たち、一応まだ40代です)
 「そのまま50肩に突入ってことは、ないよね?」
 「そういうことは、ありえる。っていわれた…」 ええー、やだな。

  Bさんは、しばらく前に比べると少しふっくらしてきたみたいです。ややむくみ気味?関節が痛いと言ってます。私は右足と左足の太さに、なんと1.5センチも差があって、心臓からくるむくみじゃないかと疑ってます。ひとり元気一杯なCさんは、仕事でぐちゃぐちゃですが…。

 Bさんと私は、サプリメントやらむくみ取りやらと話しながら自席に戻りました。
 そーだ! いいものがあるある。Bさんに持って行ってあげよう!!
 10月に入って寒い日が続いたので、自宅から少しづつ小分けして、デスクの中に隠し持っていた健康茶をさっそく広げてみました。

 ① 「だったんそば茶(2種類、味くらべ)」 
   これは血液サラサラになる。水分も出ていくのでむくみが取れる感じ。手術前の「自己血輸血」す  るときに「シクラメンさん、血液さらさらですねー。患者さんみんなこうだといいのにね」とおほめ頂い  たのも、このそば茶のおかげと信じてます。普通2.30分かかるといわれた自己血lをとるのに、な  んと7分でとり終ったのです。最近自慢できることと言えば、まずコレです。

 ②「くず湯」
   新幹線の駅で買った、掛川産。とてもおいしかったのでお取り寄せしたものです。胃が痛い時や  お昼を食べる時間がないときに使ってます。抹茶入りと小豆あじもあります。おばあちゃんと取り合  いになります。

 ③「キンセンカの中国茶」
  薬膳のプロにいただいた、季節限定非売品。むくみ、肝臓、健胃などいろいろ効くらしいです。キン  センカの黄色い花びらが広がり、薔薇の実の赤が重なって、とてもきれいなお茶です。氷砂糖入   り。

 ④「しょうが紅茶」 
  生協で買っている、体があったまるおいしーいお茶。
   
 Bさん「ずいぶんあるねー、これみんないつも持ってるの?」 
 わたし「そう。引出しにウィスキーは入ってないけどこれは持ってるのよ」
 Bさん「そりゃぁ、ウィスキー入ってたら指導監察ものよ!!」
 そうでした。

 仕事中お茶ばっかり飲んでるわけじゃないですが、職場の「給湯器」がどうも苦手。
 特に寒くなると自販機の冷たい飲み物もつらいので、自衛のために少しづつ持ってきているのです。
 でも毎日飲むのは、おひとり様コーヒーぐらいですが。
 あ!!! 「高麗ニンジン茶」もあったのを忘れていました。
 これだけあれば、からだの中からあったまり、仕事の効率も上がるというもの (はぁっ?…)。
  そういえば昔は、私たちみんな足もとに「湯たんぽ」おいて仕事してました。男性にはナイショでし たが。今の若い人たちは、そんなカッコ悪いことしてませんね。ナマ足だもんね~。
  考えてみたら、ウィスキーの方があったまるかも…。
 
2008.10.17 Fri l 仕事はほどほどに l コメント (0) トラックバック (0) l top
若狭から京都をつなぐ「鯖街道」にはいくつかのルートがあり、
昨年、若狭から熊川宿まで鯖街道を通りました(昨年のブログに記載)。
今回の旅では、舞鶴から「南丹市美山」に抜ける道。小浜から鞍馬方面を通り京の出町柳に出る、鯖街道のルートの一つです。
美山の里
ここのかやぶき民家は白川郷よりもこじんまりしていて、
初めて写真で見た時から「谷内六郎の絵みたいだなー」と思い、
「週刊新潮は、明日発売でーす」のアナウンスがかぶってました。
彼岸花
ほとんどの家がフツーに住まいとなっています。
廃屋を改装し、田舎暮らしのために貸し出しているようで、白川郷のような観光地とはちがって、
生活の場らしい落ち着きがありました。
美山で、私が泊まったのはこちら。
千鶴さんと花酒
「料理旅館つるや」の名物女将、千鶴さんです。
関西では有名人、とてもよくテレビに出てるみたいで、カメラ映りもばっちりです。
美山 つるや   ホームページはこちら
後ろに並んでいるのが「花酒」。野の花のエッセイ本も出している方です。
「花の美しさを酒で表したい」そんな気持ちで花をいつくしむ気持ちでお酒に漬け込んでます。
空気を抜いて酸化を防ぐことで、なんとも美しい色が出ます。
かつて一番大事にしていた露草の花酒を「絶対に栓を開けないでくださいね」と言ったのに、
お客さんがぐぐっと飲んでしまった、のだそうです。
一晩泣いて泣いて、それからは簡単に開けられないよう封をしたこと、
そして「万一飲んでも毒性のない花だけにしよう」と、考えたとのこと。
お話がお上手な方で、こちらまで悲しくなってしまいました。
お部屋は2間続きで、この日の客は私たちだけでした。
街道沿いなので昔はにぎわったかも。いまは料理旅館というよりは民宿といった感じ。
でも野菜中心、心のこもったおいしいお食事とつきないお話で、心あったまるひと時でした。
ええにょぼ向井酒造
こちらは舟屋近くの「向井酒造」で。「ええにょぼ」の隣にいらっしゃるのは
このあたりの神様だそうです。若い美人姉妹が杜氏を務める作り酒屋でした。
祇王寺
旅の最後に、久々に嵯峨野を散策しました。
常寂光寺の苔庭がきれいでした。


2008.10.12 Sun l たびのそら l コメント (0) トラックバック (0) l top
今回の旅はイージス艦目当てではなく、
天橋立と舟屋、そして京都美山の里の秋を訪ねるものでした。
天橋立
東京では台風が通過中。京都はこの通りの秋晴れです。龍の姿といわれる天橋立。
オタマジャクシのようにもみえます。松林の中を40分ほど歩いて反対側に渡りました。
天橋立またのぞき、もちろんやってみましたが、写真にするとひっくり返すだけのこと。
それでも天上に町があるように見えるのも美しい。
この海の先に見えてくるのが「伊根町の舟屋」です。伊根の舟屋
漁村では唯一「伝統的建造物保存地区」になっています。
重伝建地区
海にせり出している家並み。海上の「舟屋」には釣り船が停泊している、駐船場です。
昔はここで寝泊まりしていたようですが、今はほとんどが住まいは別にあり、
民宿にしていたり仕事場にしているようです。
釣りバカ日誌のロケ地として有名らしく、天橋立からここまで来る道々に、
ヨットハーバーがあったりして、ちょっとしたリゾート地域でした。
実物も、この写真のままです。美しーい。
2008.10.09 Thu l たびのそら l コメント (0) トラックバック (0) l top
お彼岸のころ、2泊3日で北近畿方面に旅行しました。
夏休みはすべて内職仕事のレポートに費やし、やっと息抜きができると期待わくわく。
そしてその期待通りのおもしろい旅でした。

舞鶴は、祖母と父が満洲からの引き上げでお世話になった港です。
いつか行ってみたいと思っていた理由はそれだけでなく
横溝正史の金田一耕助シリーズに出てくる復員兵の姿が目に焼き付いているからでもあります。
金田一耕助シリーズに触発された旅は二度目。
昨年初夏に行った、岡山県の吹屋は八つ墓村の舞台でした。
ミーハーであることは、私にとって旅行のモチベーションをあげるモーレツなファクターです。
イージス艦あたご
こんなところにいたんですね、イージス艦あたご。
舞鶴港では、海上自衛隊が土日のみ軍艦を見学させてくれます。
甲板に上がれるのは日に一艦のみですが、ひときわ大きくかっこいい軍艦がありました。
「なんですか?あれ」 「あたごです」 「えっ…」
「自衛官と話してる」だけでもミーハー気分全開なのに、
「あの、あたご?事故おこした、あれ?」(さすがに声には出しませんでした)
雨の中、わー、ラッキーと思いながらシャッターを切っていました。
コーフンのあまり、写真がはみ出しています。
クリックして拡大して全体をご覧ください。





2008.10.07 Tue l たびのそら l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。