上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 先週のお盆休みは左足親指の腱鞘炎になり、まだ治っていない昨日朝6時ごろ、またまた同じ左足、薬指に物を落として打撲。瞬間の痛みは、腱鞘炎どころじゃない!!自宅すぐそばの整形外科に行き、レントゲンを撮る。先生の奥様と「すっかりオトナになった(と言っても小学生)長男が、メタボになってダイエット中」だとか世間話。その間5分程度で診察室のパソコンに映像が投影されます。自分の骨よりもパソコンのほうが気になって集中できない。ま、情けなくなるような小さい指の骨ですが、それでも折れてなかったです。
 怪我が続くと、なにか悩みがあったり心が落ち着いてないからなのか、原因は何だろうなんて深淵なものを探ろうとするんですが、すぐ飽きて「受難続きの左足こそ気の毒だ」という結論に。
 そういえば高校生の頃、朝の通勤ラッシュ時間、山手線新大久保駅で一番前に並んでました。ドアが開いた瞬間、電車とホームの間に片足ががくっと腰まで落ちたかと思うと、一瞬で持ち上げられ、満員の車内に押し込まれ、何事もなかったかのように渋谷に向かっていた、ということがありました。ショックだった。この社会で果たしてこれから生き残っていけるのか、とぼーっと思いながら渋谷から学校に行きました。私ももうすぐ50歳、2度の手術は経験したけれど、案外世渡り上手なのかも。
スポンサーサイト
2007.08.26 Sun l こんなシクラメンのかおり l コメント (3) トラックバック (0) l top
3月ごろ、「千住に歌声酒場ができたよ」とのうわさを聞きつけ、やっと足を運んだのが6月。飲み横(常盤通り)の中ほどにあるその店の名は「うたごえ友よ」。いかにも団塊ねらいだなあ。雑居ビルの入り口にはお兄さんたちが立っていてちょっと入りにくいけど、二階にあがり中に入ると、バンドが演奏中。グランドピアノ、何本かのギター、ドラムがあり、カラオケ風に歌うこともできます。サービスも感じもいいです。
オリジナル曲もなかなかいい。「生まれた時代はブルースで 青春時代はロッケンロール 大人になったら演歌をうたい」で始まるその曲は、まさに団塊応援歌。ボーカルの方は団塊世代よりちょっと若いけど、うまいです。ベンチャーズタイムのテケテケを聞いて、1曲ぐらい歌わせてもらって(やっぱり「空港」よりフォークが似合います)いい気分で帰りました。
場所柄、いいお客さんに恵まれるといいのですが、そこだけが心配です。
2007.08.19 Sun l 団塊ウォッチャーとして生きる l コメント (3) トラックバック (0) l top
皆さん、どうしてますか??
私はお盆休みは祖母の介護を中心にして過ごし、1泊だけ温泉に行こうと計画してました。ところが。
左足親指の付け根が痛くて痛くて、腫れてきた。男性なら通風、私は女性なので外反母趾を疑いましたが、医者の見立ては「腱鞘炎」。確かにそんな痛みでした。いたーいブロック注射を打ってもらったあと、一応医者に「温泉行ってもいいですか?」と聞くと、「温泉でも地の果てでも行ってください。痛みが激しくなるといけないから、薬は持っていってね」と、ひどく投げやり。先生とは普段から関係が悪いので、言葉どおりには受け取れず、自己判断で自宅入院することにしました。
「山梨の温泉行ってひまわり畑を歩いてぶどう狩り」は断念、でも、そもそもこの企画が無謀だったとほっとしています。この暑さは尋常ではなく、温暖化はじめいろいろな都市生活のひずみが急に吹き出たような気がします。
ところでどこか痛いところがあると、意欲がでない。生来のなまけものを正当化できる!誰からも非難されずだらだらと過ごしてもいいんです。
やる気のないときは執着心もわかないから、ものを捨てるには好都合。衣類の整理をし、一袋分のごみを出し、いつも放りっぱなしの書類の引き出しをひっくり返し、目を背けたくなるような写真を処分。これって、大事ですねえ。
一方、大好きなテレビが面白くない。
そこで旅行本を見ながら「11月、紅葉の琵琶湖と三方五湖への旅」を企画、行ったような幸せな気分を味わいました。旅行本にインデックスを貼り付けたり、秘湯の会を調べたり。
まだ夏休みの途中だけど、こんな過ごし方もよかったのかも。

私は旅行好きですが、無駄使いが多い性格なので、一応積み立てをしています。旅行会社のちょっとした特典がつく商品は、団塊の皆様にはお奨めです。
写真は千住の路地、去年の夏に撮りました。マコト商会がまだあった頃。9月8日は千住の祭りの宵宮、本町5町会の神輿の競演です。迫力満点。路地歩きやら居酒屋やらで時間をつぶしながら楽しみたい、夏の大締めイベントです。
千住路地

2007.08.17 Fri l こんなシクラメンのかおり l コメント (1) トラックバック (0) l top
 千住では、9月第2週の祭りに向け、お囃子やら地口あんどんやらの準備が始まりました。神社ごとにお囃子連を持っているなんて、東京では珍しい地域。千住に越してまだ日が浅い私には、驚きです。夜、仕事帰りに通る神社の境内で、お囃子が聞こえてくるとどきどきします。
写真は先月行った奥入瀬渓流。ひと時の涼風をお届けします。

残暑お見舞い申し上げます


2007.08.17 Fri l たびのそら l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。