シクラメンのかおり

シクラメンのかおりのような、ほのかな情報を団塊世代そして同世代にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あのころ、青春??

10月の終わりごろ、
大学校友会主催の「ホームカミング・デイ」がありました
卒業後35周年を迎える私たちは、一応「ご招待」となり
式典に参加しました
とはいえマンモス大学、ホールとは別の大教室で、ビデオでの式典を見学するのでした

翌週が学園祭なので
まるでそのリハーサルのように露店が並ぶ、校内のにぎわい

あれ、ここ……
珈琲研究会(最終)
1.2年生のころ所属していた「珈琲研究会」が、まだ存在していました

大、大カンゲキ!!のあまり
「わたし、こひけんのOGです!」と売り込み開始
聞けば珈琲研究会は設立40周年で、
部員は100人を超えるらしい
「珈琲ブーム」って、こんなところにも、出るのかぁ~~

ってことは?私が部員だったころ、設立したばかりだったのが
その後大きく育つことになったわけですね

こっちは成長していないのに、ね~  子どもの成長は、早いもんだね~

あぁ、まずい
珈琲豆でいえばブラジル、のように苦い思い出が去来してきました
恥ずかしながら、青春ってこんなことを言うのでしょうか

当時の部員で撮った写真は、今も私の宝もの、
大切に保管しています
懐かしいあの道(最終)
この美しい並木道、

博物館(最終)
いつ行っても人の気配がなかった、お気に入りの博物館

よかったな~、学生生活
とはいえ、二度と戻るのはごめんな時代でもありました

時間があるときはお金がない、
自由になるお金ができたと思ったら、
時間が、さらに体力が、ない
うまくいかないものですね
学長(最終)



スポンサーサイト

近況のご報告で

この夏も暑かった~
長かった…

そして雨。
こんなときは日々、小さな楽しみを見つけるしかないのでしょうか
気になるかえる(2)

朝、起きる
タイマーがちゃんと働いてる
炊き立てのコシヒカリでお弁当を作る
髪をブロウし、お化粧は適当にし、遅刻しないように家を出る
  【勤務中の描写は、省略】
なんとか家に帰る
録画していた「とと姉ちゃん」を観る。
  ここが、至福の時


15分でお仕事モードから切り替えて、夕食、テレビ。
そして一日の深い反省は、したりしなかったり。
シャワーで済ませることの多かった、夏の入浴の後で
ライムのアロマの香りを楽しみながら、
足のむくみを取るマッサージ、ここ、大事です。

毎日、こんな感じでしたが、
先日、遅めの夏休みで北海道に行ってきました。
無題
余市のニッカウィスキー工場に。
子どもだったころから知っている、このおじさん
てっきり、酔っ払いのおじさんかと思っておりましたが
キングオブブレンダ―、醸造家なのだそうです。
大変失礼いたしました。
お詫びにニッカの最高級ウィスキー、「余市」「竹鶴」「宮城野」の3種(小瓶)を購入。
ホテルの部屋で酔っぱらいのおばさんに変身し、
3種類の味の違いも判らないまま、北海道リゾートの夜は明けていったのでした。
DSC_1137.jpg
この旅で積丹半島を車で廻ったのはいいのですが
道の駅でこんな怖い人に会いました。
何をされるのか!!
と警戒したものの、よく見ると「流木でできた友好的な人」でした。
「ほら、ここに座りなよ~」って言われてもね、
とっても、お友達にはなれそうにないけれど…

まあ、ブログをお休みしていた日々は、こんな感じでした。
またお会いしましょう~

亜土ちゃん健在

じゃじゃ~ん、
亜土ちゃんでごじゃまちゅよ~」って、
いまも口をついて出てくる不思議
恥ずかしながら、私が小学生の頃のスーパーアイドルは、
亜土ちゃん(2)
このひと、水森亜土さんをおいてほかにいないでしょう(^^♪
ご異議ある方も多そうですが…

とにかく、年に一度足立区関原にあるライブハウス「カフェクレール」に
来てくれ~る、のだそうです
開店30周年というこのカフェ、
マスターはまさに団塊世代で
「VAN]の時代にファッションモデルもしていたらしい

カフェの近くにジャズピアニストさんが住んでいたことがきっかけで
いつの間にか
珈琲とJAZZとおいしいビーフシチューのお店に育ちあがったらしいです

亜土ちゃん(1)

亜土ちゃんのかわいい絵は、いまも健在ですし
JAZZシンガーとしての声も、ピッカピカでした
(^^♪  ドゥドゥッピドゥ♬
若い踊り子さん同伴で、ダンスのほうはお任せでした

「亜土ちゃんのTシャツ着ていこう!!」
と。これも恥ずかしながら実行したのですが。
な~んだ、同じこと考えている人が3人もいて、
全然目立ちませんでした

子どもに帰った気分で、
亜土ちゃんのイラストをじゃんけんでゲットし
西新井の夜をうきうき、うっきっきー、な気分で帰宅しました

そしてさっそく亜土ちゃんグッズをアマゾンで探しています
しばらくは亜土ちゃんグッズ集めが続きそう

明日香春の前菜
そろそろ「千住パトロール」も再開したいと思っておりますが
とりあえず「明日香」の前菜をご覧ください


国技館5000人の第九コンサートにデビューする

日増しにかゆさが増して来ましたが、
皆さまお元気でしょうか?
こんな時候の挨拶、いやなものですね

第九リハーサルで
わたくしシクラメンにとって、平成27年度最大のイベントが
ついに開催されました
2月27日が前日リハーサルで
初めてオケに合わせて第九を歌います
このような桟敷席があって、くつろいでいる
ちょっといい感じ
「第九クッキー」を買って食べながら出番を待ちます

さて、オーケストラの演奏が始まり、第四楽章、
「じゃ~~ん、じゃかじゃかじゃかじゃか…」で一斉に立ち上がり
フロイデ、の合唱に入っていきます
~あっという間、ほんとに歌ったのだろうか? 
だいたい立ち上がるタイミングも出遅れたし…

これじゃまずいと思い、帰宅後すぐに
長年からだに染みついている「一夜漬け」に取り組みます
とりあえず楽譜なし、ドイツ語の丸暗記の総仕上げをしました

第九当日
こっちは当日の開始前の様子、
女性は白のブラウスに黒のロングスカートで、準備しています
観客席はこのあとほぼ満席になりました
新日本フィルハーモニーのすばらしい演奏に
じっと聞き入り、いざ、第四楽章
この会に誘ってくれた友人が隣にいてくれてヨカッタ!
長唄で鍛えたすばらしい歌声で、
私や周囲の素人さんたちを引っ張ってくれました

それにしても、本番も一瞬のできごと
歌い終わると、会場からすごい拍手と「ブラボー!」の声援が聞こえて
ハッと気付くと、こみ上げるものがありました
「全部間違えないで歌ったのか?」
なんてことはどうでもいい!
この一体感と感動には
誰もが心を揺さぶられ、
何回も何回も参加したくなるのでしょう

私もやってみようかな?と思われた方!
「国技館、第九」で検索してみてください
第九初心者練習会
4月になると「初心者練習会」の受付が始まります
どなたでも参加できますよ

修善寺の竹林あるき(2)
今の気持ちはこんな感じ
静かで何もなくて、まっすぐ
そしてかなり、さびしいです
燃え尽きた後にくるものは、
仕事、かぁ~
近所の梅が咲いた
春も、すぐそこまで来ているのかな

友人とのひと時

本日、日曜日
心身ともに、休業日
金曜の早朝からずっとおなかの具合が悪く
第九の練習会もパス、
金曜夜からは熱が上がりはじめ
ひさびさの38度超えをしました

やっと体を動かせるようになったけれど
風邪でもないのに、一日中ぐうぐうと寝ていられるとは
(喜んでるのか困っているのか、微妙な…)

11月も終わりになり、今月のテーマは、
旧交を温める」でした

まずは、
昔お世話になった大学教授からのお誘いで、青森に行き
その帰りに仙台で、石巻に住む友人と
15年ぶりぐらいの再会を果たしました!!
もう、感無量なんだけれど
話したことは他愛のないことばっかり、
弟がどうのとか、父がどうのとか、更年期がどうだとか
でも、うれしいんですよね~。
こういう、空白の時間があっという間に埋まっていく感じ。


もちろん、空白の15年のそれぞれの歩みや今の気持ちも、
ちょこっとは、話したけれど。
被災の日以降、無事だとわかったときのこと
ほんの僅かの間だったけど、日用品の仕送りをしたこと
「ウズラの卵の燻製がおいしかった」とことか
「虫コナーズがうけた」こととか
「東京が被災したら、頼むね」なんて言って
時間を割かなくても、お互いわかっている感じ。

DSC_0583パリの朝市大原智子さん極楽を感じる、至福のデザート💛
次の旧交あっため会は、銀座にあるレストラン「パリの朝市」で。
大学時代の友人と、こちらも4年ぶりぐらいでした。
身内を最近なくされたばかりで
ご家族のこととか、お互いの健康のこととか
「検診受けなきゃね~」とか
結局、ふつうの会話ばっかり(あたりまえか)
それでも、とても大切なひと時でした
ソテーDSC_0581パリの朝市うずら
ここ、「パリの朝市」は私が学生時代にアルバイトしていたころ
評判を呼んだ店ですが、
今も家庭的な雰囲気で、最高の料理を出してくれました

友人とおいしいものに囲まれ、極楽、ごくらく
こんな時間は、
あえて自分で作らなきゃできないものなのだと
日頃の出不精を反省したひと時でもありました

P1110499.jpg





プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
こんにちは!
「シクラメンのかおり」は、団塊世代の方々との交流で作っていただいたブログ。自分自身は1970-80年代に青春を謳歌した(はずだった)世代です。まだまだ、遊びたい盛り、いろんな町に出かけてみたい。皆さんも同じでしょ。

FC2カウンター
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。