上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日6月30日は、
夏越(なごし)の大祓(おおはらい)

夏越の大祓本氷川神社(1)

ここ、千住3丁目の本氷川神社では
一年の折り返し日に、
これまでたまった穢れやこころの澱を清めてくださいます

茅の輪くぐりをし無病息災をいのり
形代(人型をした紙)で
自分の弱いところを移し取り
奉納します

去年までは
「今日は茅の輪が出ているな」ぐらいの意識でしたが
このところ、きちんとお参りをしようとしているので
おなじ神社でも目に映る風景が違う気がします

6月の花
年齢だけに疲れやすいのですが
最近はあまり疲れるようなこともしないし、
人付き合いも減っているのでストレスもない日々

それでも神社でお参りをするたびに
スッキリします
特に夏の朝の神社は神聖で、空気が違います

参詣方法は
鳥居に一礼して神前に向かいます

まず、唱えことばを三唱します
「祓い給い 清め給え  神(かむ)ながら 守り給い 幸い(さきわい)給え」

二拝 
二拍手 
心のなかでも声を出してもいいので、
住所氏名(ここ、意外と大事)、お祈りしたいこと
(まずは神羅万象に感謝しましょう)を伝えます
二拝 

以上、お役に立てるといいのですが
まあ、どんなお祈りでも、集中すると気持ちがいいですね

願い事はなかなかかないませんが、
神様は寛容なので
どんな俗っぽいことをお願いしても
許してくださる(たぶん)ことでしょう

みなさんも、この夏は神社に行きませんか
高鶴家の置物(1)
このカワイイ俗物は、だれ?
それはまたいつか





スポンサーサイト
2017.06.30 Fri l 千住 小風景 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
コメントありがとうございます。

それにしても、今でもここでは神様を拝むのに、二拝・二拍手・二拝なんですか?。
通常は二拝・二拍手・一拝なんですが、古くからの仕来りをを重んじる神社は昔ながらの二拝・二拍手・二拝と聞いたことがありますが、今でもそのような神社があるんですねぇ~。

ちなみに私、神式の葬儀に出た際、二拍手の段階(葬儀では拍手の真似だけで音を出さない)で音を出してしまい(1回目だけ)冷や汗かいたことがあります。
2017.07.08 Sat l 中森 ユウジ. URL l 編集
ユウジさま
ご無沙汰しております
コメントありがとうございました
あらら、二拝、間違ってないと思うけど、不安になってきた
明日、また行ってみようと思います(^^♪
もうすぐお盆、お寺にもお参りしなければなりませんね
2017.07.11 Tue l シクラメン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sikuramennnokaori.blog114.fc2.com/tb.php/330-c4b1810a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。